小野口純子

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京タワーの支柱で “歴史を叫ぶ ” !!

<<   作成日時 : 2012/09/11 19:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

また、強風で展望台に行けない」について

少々古い話題だが、スポーツ報知8月1日(水)8時3分配信のニュースが興味深かったので、以下、全文ご紹介しよう。


 耐震補強工事が行われている東京タワー (東京都港区) で、1958年(昭和33年)の建設時以来、初めて付け替えられた上部アンテナ支柱の中から “謎の野球ボール” が発見されたことが31日、分かった。地上約306メートルの高さにある支柱内で、半世紀以上を過ごしたとみられる古い軟式ボール。54年前、作業員が記念に入れたのか、地上で子供が遊んでいたときに飛び込んだのか。関係者らは “真夏のミステリー” に首をひねっている。

 一体、なぜ東京上空のここにこんな物が…。アンテナ支柱付け替え工事が始まり、2日目に入った7月10日午前1時ごろ、地上300メートルで徹夜作業をしていた作業員たちは、支柱の中から出てきた物体に驚きの声を上げた。傷みが進み、一部腐食し、黒ずんでいたが、間違いなく、それは軟式野球のボールだった。

 耐震補強と地上デジタル放送への対応のため、タワー最上部にある長さ約25メートルの鉄製アンテナ支柱は、新規格の支柱に付け替えられることとなり、9日夜の営業終了後から、工事が行われていた。54年前にタワーが建設されて以来、初めての付け替え工事。施工する竹中工務店の作業責任者・西野啓介さん(47)によると 「古い支柱を解体するため、ガスバーナーで穴を開け、燃えたりするような物がないか、作業員が手を入れて中を確認したところ、ボールがあった」 という。

 支柱は鉄板の厚さを含めて直径約37センチの鉄製円柱で、内部は空洞。出てきたボールは、作業員の間で通称「ドンツキ」と呼ばれる、空洞内の鉄骨架台の最下部(土台部分)に収められていたとみられる。西野さんは 「驚きましたよ。こんなところに、あるはずのない物が出てきたわけですからね」 と振り返った。

 東京タワーの運営会社によると、支柱は風雨を避けるため外部から密閉されている。電球交換などのため外側で作業することはあっても、内部を開けたのは今回が初めてだという。西野さんも 「54年前の工事のときに、入ったんでしょう」 と推測する。

 50年以上、東京上空に “安置” されていたかもしれないボール。来年、開業55周年となる東京タワーでは、今回の工事で不要となった鉄部品などを、記念グッズにしたり、展示する予定だ。今回見つかった “謎のボール” も、展示する方向で検討するという。

◆耐震補強含め7・9から工事 ○…東京タワーのアンテナ支柱は、昨年の東日本大震災で先端部が曲がった。それ以前から、地上デジタル放送の対応のための工事は計画済みだったため、耐震補強の目的も含め7月9日から工事が始まった。古い支柱を十数本に分割し、だるま落とし式に解体。新しい支柱を逆の順番で建てている。それに伴い一時期は通常 (333メートル) より15メートル短い318メートルになったが、31日朝の段階で329メートルまで復旧。2日朝には支柱工事は完了する見込みだという。

 ◆情報募集 今回見つかったボールについて、ご存じの方からの情報をお待ちしております。報知新聞社文化社会部までメールでお送りください。アドレスは、kizuna@hochi.co.jpです。



どのようないきさつで “謎の野球ボール” がタワーの上から東京を見守っていたのか、情報が寄せられたら記事の続編をお願いしたいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
車内での傘の置き場所
「東京タワーの支柱で “歴史を叫ぶ ” !!」について ...続きを見る
小野口純子
2012/09/13 23:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京タワーの支柱で “歴史を叫ぶ ” !! 小野口純子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる