おのじゅん 小野口純子

アクセスカウンタ

zoom RSS 3,000年に一度咲く花の正体は

<<   作成日時 : 2017/08/28 23:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

店のトイレでトイレットペーパーが切れたとき」について

三千年に一度だけ咲くといわれている優曇華の花を見つけましたという渡辺福助さん (@100kiyagyou) のツイッターから拝借。(無断で。  ) 


花ではなくて、実は虫の卵なのだそうだ。 オドロキ 


   
https://t.co/AjKsMwckaZ



卵から孵った虫はどうなるのかというリツィートに、渡辺福助‏ @100kiyagyou · 2017年8月21日 さんは、アブラムシなどを食べる幼虫になって、成虫になって空を飛び、再び優曇華の花 (卵) を植えるのだと思います。 といっている。

そのサイクルが3000年なのかどうかはわからない。 




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
このストローの使い方は ?
「3,000年に一度咲く花の正体は」について ...続きを見る
小野口純子
2017/09/09 23:41
思わず笑った 目に浮かぶ !!
「3,000年に一度咲く花の正体は」について ...続きを見る
小野口純子
2017/09/28 23:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3,000年に一度咲く花の正体は おのじゅん 小野口純子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる