小野口純子

アクセスカウンタ

zoom RSS 盲目のヤギ

<<   作成日時 : 2017/09/19 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

トラが餌のヤギと仲よし」について

盲目で生まれ母親に見捨てられた1頭の雌ヤギ。愛情に飢え鳴いてばかりいたのだが…。 『thedodo.com』 から心温まるニュースが飛び込んできた。

米ニューヨーク州北西部フィンガーレイクスにある 「ファーム・サンクチュアリ」 は、175エーカー (約70万8,000平方メートル) の広大な敷地に500以上もの動物たちが保護され暮らしている。昨年、生まれた直後に保護され施設にやってきたのはヤギの “マーシャ”。 生まれた時から目が見えず母親に捨てられたトラウマからか、飼育員が少しでもそばを離れると囲いの中をくるくると走り回り鳴くのをやめなかった。

そんなマーシャの寂しさを埋めてくれたのは、同じように保護された生後6週間の雄ヤギ “モリース”。 モリースがマーシャの暮らす囲いに入れられた最初の日、マーシャは普段と違う雰囲気を感じてか 「メェー」 と鳴き始めた。それに応えたモリースが 「メェー」 と鳴くと、マーシャは何事かとその場で固まってしまった。しかしその直後、2頭は堰を切ったように 「メェーメェー」 と呼びかけ合ったという。飼育員は 「まるで2頭は一瞬にして恋に落ちたようでした」 と当時を振り返る。    

2頭は肩を寄せ合い、食事や寝るのも一緒。片時も離れることなくモリースはマーシャをエスコートしているという。 「マーシャが走り回ったり、異常なほど鳴くといった行動は一切なくなりました」 と飼育員。 「マーシャは一生目が見えないかもしれません。でもモリースというベストフレンドを得てとても幸せそうです」 と語る。この2頭 “ベストカップル” と呼んだほうがよさそうだ。  

体の白いほうが盲目の “マーシャ” らしい。 


   
https://www.youtube.com/watch?v=50aax6tq2Bg 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
盲目のヤギ 小野口純子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる