小野口純子

アクセスカウンタ

zoom RSS ファスナーに布が噛んでしまったとき

<<   作成日時 : 2017/10/27 23:57   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

道具なしでひもを切る」について

ファスナーの器具の後ろの部分に、マイナス、ドライバーを差し込むと、器具と布に隙間ができる。 噛んでいる布を引っ張って終わり。これはスライダーの構造をうまく利用したものらしい。 

ファスナーは務歯と呼ばれる歯みたいな長い部分と、スライダーと呼ばれる手でつかむ部分でできている。

スライダーの部分は、コ の字型をしていて1カ所だけで上、下をつないでいるので、ドライバーを差し込むだけですき間ができる。

表の方が噛んでいるときは表から、裏の方が噛んでいる時は裏のほうからドライバーを差し込む。   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
セーターの型崩れを防ぐハンガーの掛け方
「ファスナーに布が噛んでしまったとき」について ...続きを見る
小野口純子
2017/11/16 23:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ファスナーに布が噛んでしまったとき 小野口純子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる