小野口純子

アクセスカウンタ

zoom RSS 不運だった前民進党代表 前原誠司氏

<<   作成日時 : 2017/11/07 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

またむだ遣い 衆議院解散」について

民進党を離党した前原誠司前代表は6日、希望の党の樽床伸二代表代行に入党届を提出した。前原氏は国会内で記者団に 「 (党内の) どんな立場でも、この党が政権の中核を担える政党となるように努力したい」 と語った。

同党は共同代表選 (10日投開票) 前後に党役員会を開き、前原氏の入党を承認する。樽床氏は 「きっちりとした対応をして、前原氏の思いを受けとめたい」 と語った。 


9月1日に民進党の代表選が行われ、枝野氏を抑えて前原氏が代表になった。それから2カ月もしないうちに突然の衆議院議員解散で、その手腕を発揮する間もなく選挙戦の対応に追われ、結果的に民進党代表の座をおりることになった。 


私は、安倍首相が突然解散すると決めたのは、このことにも大きな関連があるような気がしてならない。新しい代表のもと、うやむやにしていた問題を追求されるのを恐れたのではないか。選挙戦の結果は、野党のまとまりのなさで、というよりも突然の選挙戦の対応に遅れが生じ、首相の思惑以上に自民党・公明党連立政権が躍進した。 

首相は、この結果を国民の信任を得たと勘違いしないでもらいたい。単なる夜討ち朝駆けのような突然の衆議院解散に走った作戦勝ちというにすぎない。実力ではなく、狡猾な人柄をさらけ出したといえるかもしれない。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
不運だった前民進党代表 前原誠司氏 小野口純子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる