おのじゅん 小野口純子

アクセスカウンタ

zoom RSS アンビグラム

<<   作成日時 : 2018/04/16 22:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3Dアートの工程」について

「最強」という文字をひっくり返すと、なんと「戦場」が出現! ネットで話題の逆さにすると違う言葉になる、アンビグラムの秘密に迫る映像。どのように書いているのか、アンビグラム作家の野村さんが解説します。 (提供元:日テレNEWS24)

   
https://rdsig.yahoo.co.jp/_ylt=A2RA0EGspNRaBDsAUW6JBtF7/RV=2/RE=1523971628/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=ZqIVRbN9w7UrsfRAdOkMt1QKayc-/RU=aHR0cHM6Ly92aWRlb3RvcGljcy55YWhvby5jby5qcC92aWRlb2xpc3Qvb2ZmaWNpYWwvaG9iYnlfY29va2luZ19saWZlL3BjNzVmNmMxZmMwMzY3MDdkOGE1MGFhNWY0ZTMzZjMwNwA-/RK=0/RS=c.OH411Mtjzn.lDYp0_eR4CoWxg- 

アンビグラムは中学校の美術の教材にも採用されているそうだ。どこの中学校でもということではないだろうが、今どきの中学生はすごいことを勉強しているのだ   私など、頭を横にしたり、首をひねってもよくわからない。実際に書いて、文字を上下にみれば少しは理解できるだろうが、忙しいし、テストされるわけではないので、こういう文字があるということを知っただけで、ま、いいっか 


アンビグラム(ambigram, またはinversion, flipscript)は、語を与えられた形式だけでなく、異なる方向からも読み取れるようにしたグラフィカルな文字のこと。テキストはいくつかの語からなる場合もあり、異なる方向で綴られたテキストは同一のものであることが多いが、違うテキストになることもある。ダグラス・ホフスタッターはアンビグラムを「2つの異なる読み方を同一のひとそろいの曲線に何とかして押し込める筆記体デザイン」と述べている。

わかりやすく言うと、文字を180度回転させたり、鏡に写したりしてできるデザインのことで、多くはシンメトリカルで、同じ語に読める。
 (ウィキペディア) 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アンビグラム おのじゅん 小野口純子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる