おのじゅん 小野口純子

アクセスカウンタ

zoom RSS ミノムシは色を識別できる

<<   作成日時 : 2018/05/05 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

ストッキングをまとったミノムシ」について

5月1日に傾聴ボランティアの仲間にストッキングをまとったミノムシをお披露目した。 

連れ出したミノはその日のうちに無事に元の木に戻したが、翌朝見ると、七、八匹のミノがストッキングに群がっていたので、多分連れ出したミノも根元から上がってきていたのではないかと思う。 

それぞれが丸々と大きくなるほどストッキングをむしり取るものだから、今にも切れそうだ。その補充に、黒いものもまとったら面白いなと思って今度はその5センチほど上に黒のストッキングを巻いたみた。 

ところが、それから三日たった今日の昼間、黒いものには1匹もたかっていない。肌色が今にも切れそうなのにミノは一層大きくなって木の上へ、上へと上っている。黒いストッキングが嫌なら肌色をもう少ししっかり巻こうと思ったら、何と木の肌が1メートル以上もはがされている。それをまとったミノたちは、ストッキングと水分がなくなった木の皮とで、全身が茶色だ。  


ストッキングの素材が気に入ったのではなく、肌色のストッキング=茶色と認識しているようだ。  それにしても、なぜ黒ではだめなのか。鳥とかの天敵にねらわれるからか。  


真昼間から、体を隠せるアボカドの葉がまだ芽吹いていないのに、堂々と木の上のほうでうごめいている。 夜、暗い中でももぞもぞと動いているので、ミノはいつ寝ているのか、この生態も不思議だ。 

真夏並みの暑さから身を守るために黒はご法度なのかもしれない。ミノムシに聞いてみたいものだ。    


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ミノムシが全滅した ?
「ミノムシは色を識別できる」について ...続きを見る
おのじゅん 小野口純子
2018/06/15 23:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミノムシは色を識別できる おのじゅん 小野口純子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる