アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「鳥」のブログ記事

みんなの「鳥」ブログ


大型インコがコココココ

2017/10/23 23:46
失敗は成功のもとになればよいが……」について

真っ赤で大型のインコが、飼い主さんになでられてうっとりしているかわいい動画。ココココココ、ココココココと至福の表情がかわいくて、いつまでもなでさすっていたいに違いない。

こんな風に甘えられたら、見ている私も幸せな気持ちになる。 


   
http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/animal_pet/p7f5bff90d8a20cf4a250d7b7ad41d586 

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


フラミンゴの赤ちゃん、てけてけ走る

2017/10/08 23:38
フラミンゴの赤ちゃん 足太っ !!」 について

フラミンゴというと体がピンク色のイメージだが、赤ちゃんのうちはベージュでポワポワしていてかわいい  


「ピキュ、ピキュ」と、独特な鳴き声を上げながらてけてけ走りする姿がとってもキュートだ。  しかもその走り方でも速い  細いくて長い足ですたこらさっさと走っていく。

   
https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/rd_tool/it_nlab/articles/life/RV=1/RE=1508594043/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=/RU=aHR0cDovL25sYWIuaXRtZWRpYS5jby5qcC9ubC9hcnRpY2xlcy8xNzEwLzA3L25ld3MwMDYuaHRtbCN1dG1fc291cmNlPXlhaG9vJnV0bV9tZWRpdW09ZmVlZCZ1dG1fY2FtcGFpZ249MjAxNzEwMDctMzEmdXRtX3Rlcm09aXRfbmxhYi1saWZlJnV0bV9jb250ZW50PXJlbDEtMA--/RS=%5EADAIa2nk_bXAzNJ9ff9L_jfh30EUxo-;_ylt=A7dPU4h63NhZACgARWsIPv17;_ylu=X3oDMWNvbXFvM2cxBHBvcwMxBHJsX3RpdGxlA.OAkOWLleeUu.OAkeOBi.OCj.OBhOOCieOBl.OBhOi1pOOBoeOCg.OCk.ODleODqeODn.ODs.OCtARybF91cmwDaHR0cDovL25sYWIuaXRtZWRpYS5jby5qcC9ubC9hcnRpY2xlcy8xNzEwLzA3L25ld3MwMDYuaHRtbCN1dG1fc291cmNlPXlhaG9vJnV0bV9tZWRpdW09ZmVlZCZ1dG1fY2FtcGFpZ249MjAxNzEwMDctMzEmdXRtX3Rlcm09aXRfbmxhYi1saWZlJnV0bV9jb250ZW50PXJlbDEtMARzZWMDcmVsYXRlZARzbGsDcGMEdGl0bGUD44Gm44GR44Gm44GR6LWw44KK44GM6YCf44GE77yB44CA6LWk44Gh44KD44KT44OV44Op44Of44Oz44K044GM44Kt44Ol44O844OIBHVybANodHRwczovL2hlYWRsaW5lcy55YWhvby5jby5qcC9obD9hPTIwMTcxMDA3LTAwMDAwMDMxLWl0X25sYWItbGlmZQ--

大人のフラミンゴは美しさと妖艶さにあふれているが、赤ちゃんフラミンゴの小さな羽をバタバタさせながら走る姿は、応援したくなるかわいさだ。 

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


インコ、分身を守る

2017/10/03 23:49
縫いぐるみのインコに威嚇 ?」について

自分とそっくりの色、柄の縫いぐるみを飼い主が頭をツンツンすると 「触っちゃダメ  痛いでしょう 」  と、お友達の縫いぐるみを守るセキセイインコがかわいい。チチッと威嚇してもやめない飼い主の指をつつこうとしたり、つんのめるようにして威嚇したり、インコの本気度が伝わる。   


   
https://videotopics.yahoo.co.jp/video/pecotv/137056?auto=off 

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ハシビロコウ54時間生中継 最後の報告

2017/09/25 22:00
ハシビロコウ54時間生中継 少し報告」について

9月25日午前1時55分。巣箱の中で眠っていたのに、木枠に立っていた。立ち上がる瞬間を見たかった。 

その後左足を上げておなかをかきかきし、羽を大きく広げたり、頭をかいたりが何度か続いた。すかさず 「左利きなのか」 とコメントが入った。 

2時57分、中央の木枠にいない。思わず 「どこ行った  」 とコメントしたら 「左下のダイニングに」 とコメントが入った。 このようなやりとりがおもしろかった。

しかし、左下の枠の中は暗いし、小さいしで、ハシビロコウがどんな格好で何をしているのか全然見えない。移動してもとらえられるようにとカメラを5台も設置したというのに、切りかえることはなかった。約1時間半、空っぽの巣と、真っ黒く小さな画面しか映っていなかった。画面を素早く切り替えられる技術者が常駐しなければ54時間生中継の意味がない。  

時々クラッタリングやゴゴゴゴゴウーと大きな声を出していて、それなりに楽しい時間だった。きのう、閉園の音楽が流れたら大きくクラッタリングをして、画面左側に向きを変えた。すごい  室内に入れることがわかっているのだ。音楽がわかるのか  


ちょいちょい用事をしたり、睡眠をとったりしたが、 「しずかちゃん」 と過ごした54時間はいろいろな体験ができて楽しかった。 

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ハシビロコウ54時間生中継 少し報告

2017/09/24 20:23
ハシビロコウ54時間生中継」について

     ゆうべから5時まで映像に見入り、きょうは午後4時近くにまた映像を見始めた。ちょうど閉園時間が間近で飼育員の伴野氏が、これからコンテナに入っている生きた鯉を食べる時間だというのでずっと映像から目を離さずに見ていたが、展示場で左側に向き直って退場に備えていたしずかちゃんが、なぜか突然室内にいる映像になった。

察するに、食事風景の1時間ほどのおいしい映像は、ニコニコ動画で配信するために、あえて映さなかったのだろう。そのために1時間以上もパソコンとにらめっこをしていたのに  


昨夜の薄暗い室内での映像は、木の箱のふちに立ったままほとんど動かず、たまに片足ずつ上げたり羽づくろいをしたりで、ほんのちょっと動いただけで 「あっ、動いた」 と、まるで瀕死の病人がピクッと手を動かしたときに感じる愛おしさを感じた。

きょう午前3時くらいまではコメントがうっとうしいので消していたが、余も更けてほとんど画面に流れなくなったのでコメント画面にして、ついでに 「気になって眠れない」 とコメントしたら、即座に画面に反映された。初めての経験に、感動  した。なおかつ、それに対する返事ともとれる 「しずかさん (ハシビロコウ) が寝たら寝れるよ」 とのコメントが入った。なかなかおもしろい体験だった。  


午後3時半頃、展示室にいた。明るいところでは、大きさがよく伝わってきた。夜中は、薄暗い明かりの中で、影絵のように上からのカメラだったので小さく見えた。飼育員の伴野氏によると、夕べは少し怒っていたようだったといっていた。設置された5台ものカメラを感じ取っていたのかもしれない。 

午後7時半、室内の長方形の箱の中に、斜めになって入っており、どうやら眠っているようで身じろぎ一つしない。ハシビロコウにとって、この時間が熟睡できる時間帯なのだろうか。足をたたみ、羽もたたみ、箱の中にいるハシビロコウは、小さく見える。

今夜も、誰に強制されたわけでもないのに観察しなければならない。乗りかかった船だ。  

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0


ハシビロコウ54時間生中継

2017/09/23 23:09
フラミンゴの赤ちゃん 足太っ !!」について

“動かない鳥” として千葉市動物公園で人気を集めるハシビロコウを、54時間動画配信し続けるというシュールすぎる企画が、23日午前10時から 「ニコニコ生放送」 でスタートした 

同園によると、今回はメスの 「しずか」 が “生出演”。 万が一、しずかが移動しても追い続けられるように、カメラを5台配置して同園から25日まで生中継する

「しずか」 と、もう一羽の名前が 「じっと」 だって。  


出典:ハシビロコウさん54時間生中継@千葉市動物公園 【今月のいきもの】 - 2017/09/23 10:00開始 - ニコニコ生放送 


辛抱強く待てば、エサであるコイを頭から丸飲みするところや、ふわりと羽ばたくレアな瞬間を目撃できるかもしれないそうだ。早速私は生中継の録画を予約したが、手続がうまくいっているかどうか不安だ。  今の段階では、足踏みしているように足が少し動いている。 


「夜中の生態は飼育員も見たことがない」 (同園広報の中山正志さん) というだけに、深夜に何が起きるのか興味がそそられる。

配信スタート直後からニコニコ生放送では視聴者から 「静止画か?」 「意外と動くw」 「カッコイイ」 など多くのコメントが寄せられているそうだ。


   
http://chibatopi.jp/I57a4762 





記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


鳥バンバン

2017/09/05 23:36
猫が猫に猫じゃらし」について

きょう午前11時ごろ、羽田発ニューヨーク行きの日本航空6便ボーイング777型機で、離陸直後に左のエンジンから出火した。機体は羽田空港に引き返し正午過ぎに緊急着陸した。乗客乗員251人にけがはない。 

日本航空は当初 「エンジンに鳥が吸い込まれるバードストライクとみられる」 と説明していたが、その後、会社側が機体のエンジンを点検した結果、鳥を吸い込んだときの痕跡はなく、エンジン後方部分のタービンの 「ブレード」 の一部が欠けているのが見つかった。

バードストライクの場合は通常エンジンの前方部分で破損が発生することから、国土交通省と日本航空はバードストライクではなくエンジン内部の不具合が原因とみて調べている。 


速報で野鳥がエンジンに入って火を噴いたといっていた。羽田沖には野鳥の繁殖地があるのでこの手の “事故” は珍しくないと解説していた。


猫バンバンとは、寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気づかず発車してしまうという事故を防ぐための動作で、自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声や気配がないかを確認する。 

しょっちゅうエンジンに鳥が入るのならば、飛行機も “鳥バンバン” をやらなければならないと思っていたが、その後の調査で、原因は鳥ではなかった。鳥にとってはとんだぬれぎぬだった。  

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


鳥の集団襲来で試合再開できず

2017/09/01 23:57
阪神に招き猫乱入」について

「楽天8−8西武」 (30日、Koboパーク宮城) 

8回に西武の攻撃終了後に雨が強くなって中断した。グラウンドにはシートがかぶせられたが、その後小降りになりシートが外され、試合再開に選手がグラウンドに出たが、鳥の集団がグラウンド上空を低空飛行した。 

係員がを吹いて鳥を逃がそうとするが、なかなか逃げない。バックスクリーンでは花火を打ち上げ対策をとったが、なかなか効果を上げることができず、守備についていた西武の選手はベンチに引き揚げ、照明を消して鳥の退散を待つことになった。  

真っ暗な球場にドローンまで飛ばして鳥の大群の撤退を待った。雨のため中断して40分がたったころ、鳥の集団がいなくなったことで照明のスイッチを入れたが、試合のできる状態になるまで約10分を要したらしい。

結局、58分の中断後に試合再開。4点を追う楽天が8回に一挙4点を奪い同点。その後雨脚が再び強くなり、8回終了後に降雨コールドゲームとなった。


このときの映像をきょうのニュースで見た。物すごい数の鳥が球場を所狭しと飛び回っていた。低空飛行なので選手がしゃがみ込む姿も見られた。一体この鳥たちは何を考えて飛び回っていたのだろう。   


過去には1976年6月4日に大阪球場で行われた南海 (現ソフトバンク) −太平洋 (現西武) 戦で渡り鳥の襲来のために試合が8分間中断し、セ・リーグでも2例あるそうだが、最近の鳥はドローンにも驚かないなんて、随分現代的な鳥たちだ。    




甲子園では上空から魚が落下してバレンティンがおびえることもあったそうだが、このときは上空を飛んでいた鳥たちがくわえていた魚をとり落としたらしい。    わかっていると思うけれど、落としたのは魚よ   


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ヤメテ、ヤメテと鳴く鳥

2017/08/13 23:05
ブッポウソウ ブッ!」について

先日、ボランティアの仲間と飲み会をした。といってもほとんどが夜は都合がつかないということで昼食会になった。

ピザ食べ放題だから多分制限時間が2時間くらいのはずなのに、話が弾んで3時間も居座ったが、店からは何もいわれなかった。  

私が持参したナガコガネグモの大写しの写真を見て、拙著 「嫌いな虫も時には友だち」 の本をいろんな人に面白いといってくれている人も余りの大きさと色合いに、のけぞっていた。しかし、11人いた人たちは興味津々に驚きながら見てくれた。

自然に九官鳥とか鳥の鳴き声などに話が移ったとき、1人が 「ヤメテ、ヤメテ」 と鳴く鳥がいるんだけれど、あれは何という鳥かと聞かれた。聞いたことないと、他の人たちも口をそろえた。誰かが痴漢に遭って 「やめて」 といったんじゃないのと大笑いしたが、1回や2回じゃないのだそうだ。 

興味を覚えてネットで調べてみたが、わからなかった。その人は 「耳 (聞き方) が変なのかな」 と自信がなさそうだったが、コジュケイの 「ちょっと来い、ちょっと来い」 はちゃんと聞こえているから、耳がおかしいわけではない。確かにそのように鳴く鳥はいるのだろう。気になる ……  知っている人、いる  

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


母親が射殺されたコウノトリのひなが大空へ

2017/07/15 23:38
コウノトリの母親射殺される」について

ハンターの誤射で母鳥をなくした国の特別天然記念物コウノトリのヒナ4羽が12日、島根県雲南市で空に放たれた。地元の小学生や近所の人たちなど約300人が巣立ちを見守り 「しっかり育ってほしい」 と願った。

ヒナは4月、雲南市内の電柱の上につくられた巣で誕生したが、地元猟友会が5月19日、サギの駆除中に誤って親鳥ペアの雌を撃って死なせた。

市教育委員会は、雄の世話だけではヒナが衰弱死する可能性があるとして、兵庫県立コウノトリの郷公園 (同県豊岡市) に移し、4羽を人工飼育した。ヒナの日齢が野生の巣立ちまでの平均68日を越え、体重も3〜4キロと順調に成長したため、放鳥を決めた。


雄はひなを取り上げられて  寂しかっただろうが、国の特別天然記念物コウノトリが4羽ふえたことを喜びたい。鳥は、大空で飛んでいる4羽のコウノトリを、自分の子どもだと認識できるのだろうか。わかってほしい   

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
フラミンゴの赤ちゃん 足太っ !!
「カルガモ親子、都内の住宅街でお散歩」について ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2017/07/08 21:28
カルガモ親子、都内の住宅街でお散歩
東京・杉並区にある荻窪駅前の住宅街に突如、あらわれたカルガモ親子。親ガモの後に線のように続く10羽の子ガモたち。そんな親子を車から守るため、通行人と警察官による捕獲作戦が始まった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/05/24 23:58
コウノトリの母親射殺される
「コウノトリ野外繁殖か」について ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/05/21 20:58
絶滅危惧種のヘラシギ
「ウズラのよっちゃん」について ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/17 23:53
ミミズクの恩返し
「猫も慰霊に参列」について ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/07 23:58
コウノトリがひなを1羽間引きか
「コウノトリ野外繁殖か」について ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/06 23:39
コウノトリに続いてアホウドリも朗報
「コウノトリ野外繁殖か」について ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/25 22:59
コウノトリ野外繁殖か
「ついに!! 38年ぶり」について   徳島県などでつくる「コウノトリ定着推進連絡協議会」 は22日、同県鳴門市内で営巣する国の特別天然記念物コウノトリのペアにヒナが誕生したとみられると発表した。コウノトリが1971年に野生下で姿を消して以来、野外繁殖では兵庫県豊岡市一帯以外で初めてのケースになる。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2017/03/23 23:52
縫いぐるみのインコに威嚇 ?
縫いぐるみのインコに威嚇 ? 「コゲラが来た !!」について ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/12/11 23:59
コウモリの羽は、折り畳み傘にそっくり
コウモリの羽は、折り畳み傘にそっくり 「コゲラが来た !!」について ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/01 23:55
コゲラが来た !!
コゲラが来た !! 「ウズラのよっちゃん」について ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 2 / コメント 0

2016/11/19 20:51
落ち穂拾いの鳥たち
「早くもツバメの夫婦が巣づくり」について ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/01 23:39
ウズラのよっちゃん
「積み荷の鶏は、ごみか ?」について ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 3 / コメント 0

2016/10/29 22:53
鈴なりのスズメ
「スズメにもやじ馬がいる」について ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/23 22:03
来年はよい年になるか、白スズメ
高知県宿毛市の河川敷で、白いスズメが見つかり、地元の野鳥愛好家が撮影した。羽毛などから色素が抜けた突然変異のアルビノとみられる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/22 23:46
スズメにもやじ馬がいる
「カラスの会議」について ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/11/05 23:51

トップへ | みんなの「鳥」ブログ

小野口純子 鳥のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる