アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「総選挙」のブログ記事

みんなの「総選挙」ブログ


いよいよあさって投票日

2017/10/20 23:55
各政党のどたばた騒ぎの根源は安倍総理」について

何だかんだといっても衆議院議員選挙は明後日に迫った。

某都立高校の選挙・投票等に関する授業で、ある男子生徒が 「子どもが少ないのに教育費の無償化は意味がない。それより子どもをふやすことを考えたほうがよい」 というようなことをいっていた。もっともな意見であり、考え方だと思った。 

大学の進学に対しても返済なしの奨学金制度とか、いろいろ耳ざわりのよいことをいっている党がある。能力があって親に財力がなくても進学したい人はたくさんいる。だから真っ向から反対はしないが、それ以前に、思うような仕事がなくて収入が低くて子どもをたくさん持てないとか、大学に進学させるどころか家族総出で働かないと生きていけない人だってたくさんいるはずだ。それらの人たちへの援助なくして、高学歴を目指す恵まれた人への援助はいかがなものか。上記の高校生の考え方は正しい。 

各政党、各候補者は全てといってよいほど高学歴で、恵まれた職についている人たちばかりだ。だから公約として考えていることも、庶民の生活からかけ離れたことばかり挙げている。そういう人たちに中流以下で一生懸命に生きている人たちの生活など、何一つわかっていない。   


それでも国民の義務として、誰かに投票したいと思うが、公約を読んで、政見放送を見て、それなりに勉強して台風の予想される中、投票しても、またすぐ首相の都合が悪くなるとさっさと解散してしまうのであれば、とてもむなしい。  

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0


南極観測船「しらせ」の船内で不在者投票

2012/12/11 23:10
立候補者名」について


しらせで初の 「南極投票」 =遠い洋上から思い託すという時事通信 社の見出しに、なぜかロマンを感じた。 「思い託す」 のフレーズが私の心の琴線に触れたのかもしれない  


内容はというと、南極観測船 「しらせ」 の船内で9日、公選法の規定に基づく衆院選の 「南極投票」 と 「洋上投票」 が実施された。隊員らは約1万2000キロ離れた日本に向けてファクスで政治への思いを託したというものだ。 

公選法は不在者投票に関する規定の中で南極観測隊員らと、外洋を航海中の船員らを対象にした制度を設けている。観測船内での投票実施は初めてという。 

観測隊関係者と乗組員は船内に設けられた2カ所の投票所  で、小選挙区と比例代表に分けたA4サイズの投票用紙2枚を送信。衛星経由のため、1枚当たり約2分を費やした。


そのファクスで送られた投票用紙、乗組員の海自隊員113人のうち33人分が、受信先の東京都中央区選挙管理委員会に届いていなかったことが、きょうの新聞に出ていた。通信回線に何らかのトラブルが一時的に発生したようだ。

東京都選管は 「ファクスの再送は二重投票になるおそれがある」 として総務省の判断を仰ぎたいとしているが、その後、その扱いはどうなったのだろうか。

「しらせ」 から届いたものを複数人の立ち会いのもとにすべて廃棄し、改めて送信してもらうというのはどうだろう。 
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


また失言 早くミサイルを撃て

2012/12/08 16:46
立候補者名」について

藤村修官房長官は7日、衆院選公示後初めて地元の大阪府吹田市に入り、記者団から再度の地元入りの可能性を問われたのに対し 「要は北朝鮮のミサイルがいつ上がるかだ。さっさと月曜日 (10日) に上げてくれるといいんですが」 と述べた。


藤村氏はこの後、発言を事実上撤回して陳謝したが、政府が長距離弾道ミサイルの10〜22日の発射を予告した北朝鮮に自制を求める中、発射を促すかのような発言をした藤村氏に、自民党の安倍晋三総裁は 「こんな発言をする官房長官には直ちに辞めてもらわなければいけない」 と即時辞任を要求。選挙戦の行方にも影響を与えそうだ。


野田首相が遊説で全国各地を飛び回っていて、官邸を預かる藤村氏は4日の公示後も都内にとどまって地元での選挙活動は日帰りの今回だけとなる予定で、十分な選挙運動ができない状況に、思わず本音が出たようだ。民主党閣僚の失言は今や珍しくないが、総選挙で与党存続が危ぶまれるときに、またまた野田首相の足を引っ張る発言だ。


これ幸い  と、安倍氏は 「冗談ではない。ミサイルが日本に着弾したら日本人の命が危ない」 と指摘し、「他の国々も北朝鮮に撃つなといっているのに、官房長官が早く撃てといっている。これが民主党政権の実態だ」 と非難し、自民党の石破茂幹事長も 「信じがたい。自分の選挙を優先しているとしか思えず、もはや内閣崩壊というほかない」 等の批判が続出した。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


立候補者名

2012/12/06 19:05
政治家のままごと遊びのような……」について

4日に衆議院議員選挙が告示された。早速、選挙カーがまちの中を走っている。多党入り混じり、それぞれの主義主張もさまざまで、何が何だかわからない。それでも10日後にはだれを入れるか腹をくくらなければならない。これほど苦しい投票を強いられるのも珍しい。

テレビで政権放送が始まった。平仮名表記の名前の候補者が多過ぎる。特殊な読み方をする名前とか、書くのが困難な複雑な人名ならいざしらず、ごく普通の苗字や名前も仮名書きが目立つ

これらの現象は、有権者の国語力が低下していると侮っているのか、はたまた立候補者自身が自分の名前を漢字で書けないのか。どちらにしても情けないことだ。

横文字 (片仮名) と同じで覚えにくく、その人となりも想像しにくい。日本人だか外国人だかわからない    「当選した暁には……」 のお約束以前に、素性の知れない人に私は1票を投じない。

それなりの学歴があるのだから、自分の名前ぐらい親につけてもらったとおり正しく書きなさいよ 

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


政治家のままごと遊びのような……

2012/11/28 23:55
ついに衆議院11月16日に解散」について

12月16日に衆議院議員選挙の投票が行われることになった。2週間余に迫った投票日に向けて、政界はてんやわんやの大騒動だ。

安住元民主党の幹事長代行の弁のように、朝決まった政党間の合流が、昼食を食べているときにはもうほかのグループと手を結んでいるというように、目まぐるしく変わっている。

「○○さん、遊ぼう」 「うん、いいよ」  「あっやっぱやめた。こっちと遊ぶ」 

争点が大きく分けて “反原発” と “増税” 問題だから、どっちかは手を結べるけれど、こっちはねと、立候補する人たちも的を絞れないでいる。単に自分の票につながる親分はだれだと、ガキ大将についていく子どものようだ。


こういう人たちが立候補する中の誰かを選べといわれても、政党はあってないようなものだし、主義主張も立候補者自身がぶれている。誰に投票したらよいのかわからない。

もし、有権者全員が棄権したら衆議院議員はどうなるのか。本人や身内、支持者は投票するだろうから投票率ゼロはあり得ないが、極端な話、1桁に満たない投票率であっても議員が誕生するわけ 

こんなお遊びのような選挙は初めてだ。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


数を頼みの芸能活動

2012/06/08 20:52
新聞の活字の変遷」について

アイドルユニット 「AKB48」 の総選挙 のフジテレビにおける生中継について 「騒ぎ過ぎ」 「違和感」 「もっと大事なニュースがある」 との声があるが、私もそのとおりだと思う。


たかが数を頼みの芸能活動 (関係者及びファンの皆様には大変失礼なことと自覚しております  ) において 「総選挙」  なんて、驚きだ。それに加えてその模様を生中継するなど、さらに驚きだ。総選挙ということは、総理大臣とか閣僚とかも決めるの  と、茶々を入れたくなる。

CDを買って初めて投票できる手法を 「AKB商法」 と呼ぶそうだ。千枚以上もCDを買うファンがいたそうで、子どもたちがカードなどのおまけを集めたくて、商品を買って中身を捨てる現象と同じだ。これらも含めて社会を活性化させていると好意的な見方も多いそうだが、その大騒ぎぶりに違和感を覚える。


テレビで、どう思うかと聞かれた通行人の年配のオトコが 「AKB48、いいねえ」 とやに下がっていた。人様の趣味にどうこういうつもりはないが、あきれ返って物がいえないので、もうやめる。 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「総選挙」ブログ

小野口純子 総選挙のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる