アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「小学生」のブログ記事

みんなの「小学生」ブログ


桜の木伐採について 市と小学生の往復書簡

2017/11/08 23:52
通学用バッグの中身が9キロ」について


「だいすきな木をきらないで」 と桜並木に児童の張り紙 

阪急六甲駅を北に向かうと桜並木が広がる。春にはお花見スポットとして親しまれるこの並木の一部が近く伐採されることになった。そんな折、近隣に住む小学生と思われる人から 「桜の木を切らないで」 と訴える手紙が木に張りつけられた。それをきっかけに地域の大切な桜を巡り、小学生と管理者の間で手紙のやりとりが続いた。


事の始まりは夏。桜を管理する神戸市東部建設事務所が、以前の大型台風で桜並木の一部が倒れたことから、街路樹を調査した。50年以上前からある桜54本のうち、13本が老朽化による倒木の危険性があるとわかった。このため、該当する桜に 「近日中に撤去します」 と書いた赤いテープを巻きつけた。

数日後、桜の木に 「小4男子」 を名乗る差出人からかわいらしい字で書かれた 「ぼくのだいすきな木をきらないでください」 という張り紙があった。事務所はこれを見て、木を伐採するやむを得ない理由と、桜を大切に思ってくれていることへの感謝の気持ちを返事として張り出した。

するとその後、同じ児童とみられる筆跡で封筒入りの手紙が届いた。差出人は木が切られる理由に納得したようで 「また新しい桜を植えてほしい」 とつづってある。数十粒のヒマワリの種も同封されていた。事務所は感謝の気持ちを込めて2度目の返事を張り出したのだった。



「小学生が街路樹を大切に思う気持ちが何よりうれしかった」 とやりとりをした公園緑地係長の志方功一さん(39) は、「歩道という制約から、支柱を立てて木を補強したり、土の状態をよくしたりするのが難しい。地元に愛される桜並木だが、人々の安全を考えると伐採は仕方がないということもわかってほしかった」 と胸のうちを語った。

手紙がやりとりされた桜には先日、11月中に撤去する旨の張り紙が追加された。近く伐採されるという。 (勝浦美香) 

   
https://rdsig.yahoo.co.jp/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvaGw_YT0yMDE3MTEwOC0wMDAwMDAwMS1rb2JlbmV4dC1sMjgudmlldy0wMDA-;_ylt=A2RhPaKQGQNaO1wAQHjhmeZ7


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「ぐあいが悪くなるといいよね」 と小学生

2015/05/29 22:06
後ろから小学校高学年の女子生徒が自転車で後ろから走ってきた。その2人が 「ぐあいが悪くなるって、いいよね」 と話している。そして 「○○買ってもらえるし……」 といいながら私の横を通り過ぎていった。

今どきの小学生が病気のときに喜ぶ○○って何だろう  食べ物ではないと思うし、ゲームのたぐいか  


私は子どもの頃、扁桃腺炎でしょっちゅう熱を出して何日も学校を休んだ。そんな時、何でもよいからとにかく食べなければ治らないと母がいい、リンゴなどの果物と、よくバナナを買ってくれた。当時、バナナは舶来品で高かったから  それこそぐあいが悪いときでなければ食べられなかった。きょうだい4人の中で私が一番バナナを食べたのではないだろうか。

しかし、現在は1年じゅうバナナが食べられる。それに安い。だから彼女たちがぐあいが悪くなったときに買ってもらってうれしいものとは何だろう。   聞こえなかったのが悔しい  
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0


小学男子に誘われた !!

2014/12/01 23:57
駅から自宅に向かう途中、下校中の男の子が3人、交差点から私のほうに曲がってきた。じゃんけんをしながら 「チ・ヨ・コ・レー・ト」 と1人が走り、またじゃんけんをして 「グ・リ・コ」 …… そんなことを繰り返しながら私の横を歩いていた。

どうやらじゃんけんをしてチョキで勝った子が 「チ・ヨ・コ・レー・ト」 と6歩進み、グーで勝ったら3歩進むようだ。小学校4年生くらいだろうか、こんな遊びをしながら下校するのも楽しいとほほ笑ましく横目で見ながら歩いた。

余りにも楽しそうだったので 「じゃんけんぽん  」 に合わせて、私もチョキを出した。  一番前にいた子が気がついて 「オッ   やりましょう  」 と声をかけてくれた。 

男の子と遊びながら帰るのも楽しいとは思ったが、おなかがすいていたし、用事もあったので 「今度仲間に入れてね」 といって帰ってきた。


帰ってきてよかった  傘を干して、荷物を整理して、お茶を入れて座り込んだところで、やっと私の住まいの横を通り過ぎる声がした。声をかけてくれたところからたった六、七メートルしかないのに。それに、その遊びに加わったら、年も考えずに、思いっきり進もうと大またで跳びはねて体を痛めたかもしれない。 


「パー」 で勝ったときは何といって進むのか、一度も聞かなかった。グーとチョキだけ出すという決まりがあるのかしら  
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


トップへ | みんなの「小学生」ブログ

小野口純子 小学生のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる