アリは夜眠る

子どもを売らないで」について

平成20年6月の夜8時ころ、ゲジゲジがサッシのレールを乗り越えて我が家に入ろうとしていたので、シャベルで追い払おうとしたら半分にちぎれてしまった。身が半分になってもがいているので、ふと思いついて、植木鉢の陰に水平に網を張っている多分〝うちのクモ〟になるであろう子グモから15センチ離れたところに置いておいた。30分ほどして見に行くと、子グモが私の提供した二つにちぎれたゲジゲジを食べたらしく半分だけが残っていた。

その残り半分のゲジゲジに、翌朝早くアリが群がっていた。夜中にも子グモが食べたかどうか何度か確認したが、そのときには身半分が残っていたので、夜が明けてからアリがゲジゲジに気がついたに違いない。ということは、アリは人間と同じように夜眠っているわけだ。   

これを実証する事態が先日起きた。何だか大げさだが、私自身ふうん、やっぱりねと思ったので、書いておこう。

学校から帰って本を読んでいた孫娘が 「痛い!アリに刺された」 といって飛び上がった。そして、払えばよいのに、すねにとりついているアリを眺めていた。どこから入ったのかと周辺を見ると、リビングの掃き出し口の近くに黒くて体長が8ミリもあるアリが、まるで黒い川の流れのようにサッシに沿って行列をつくっていた。 

私は虫が嫌いなので、そのアリの数の多さにひるんだ。それを見た小学校2年の孫息子が私と姉を守るかのごとく、ティッシュペーパーでつまみ始めた。それを横目に見ながら、私はダンスの練習に出かけた。駅に着いてから孫娘に、かわいそうだけれどガムテープでアリを取り除きなさいと電話をして電車に乗った。 

翌日もアリが行列をつくっていた。おびただしい数のアリが卵のようなものをくわえて、外に向かって黒い川をつくっていた。家の中に巣をつくっていたのかと驚いて周辺を確かめると、 「ありの巣ころり」 が置いてあった。これなら大丈夫と安心して仕事に精を出した。気になって時々見るのだが、アリの数は余り減っているように思えないくらいいた。

それが、何と夕方6時になると、ぴたっといなくなった。そして翌朝は、また行列していた。やっぱりアリは夜眠るのだ。枕をして寝るのだろうか     

その行列の原因は小さなピンクのサブバックで、遠足の残りのあめだろうと思われる汁がしみ出ていたので、早速それを取り除くと、アリの巣ころりのえさはまだ残っているのに家の中に入ってこなくなった。巣のアリが全滅したのかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 何の音?

    Excerpt: 「アリは夜眠る」について サッカーワールドカップ、セルビア対ドイツ戦をテレビで見た。ドイツのクローゼ選手が2枚のイエローカードで退場した直後にセルビアが1点入れて前半が終了した。後半戦も気になるとこ.. Weblog: 小野口純子 racked: 2010-06-18 22:27
  • 去年の 〝うちのクモ〟

    Excerpt: 「アリは夜眠る」について ことしも早いもので6月下旬に入った。私が気がついてからでも丸5年、代々我が家にすみ着いたクモ、ナガコガネグモの子どもたちはどうしているかと思いをはせる。去年は5月末にサクラ.. Weblog: 小野口純子 racked: 2010-06-25 02:02
  • アリは夜も起きていた

    Excerpt: 「アリは夜眠る」について Weblog: 小野口純子 racked: 2010-09-04 19:06
  • 蚊は夜眠る

    Excerpt: 「アリは夜眠る」について Weblog: 小野口純子 racked: 2012-08-14 19:59