珍しい鳥

本文修正」について

家を出て間もなく、前方のブロック塀の上にふわりと何かが飛び上がった。どんどん近づきながら見ると、長さが10センチくらいある太いくちばしがオレンジ色で、体は真っ黒な鳥だった。図鑑でも見たことのない鳥で、どこかのペットが逃げ出してきたのかと思った。電車の時間が気になったが、少し歩を緩めてじっくり観察した。 

驚いたことに、それは、くしのついたフランクフルトソーセージをくわえたカラスだった。私の存在を遠目に見ながら、ブロック塀の上を歩いていた。携帯で写真を撮りたいと思ったが、何しろまだ扱いになれていないので、もたもたしていたら電車に乗りおくれると思い断念した。

そこを通り過ぎて信号待ちをしながら振り返ると、カラスは長いフランクフルトソーセージをしっかりくわえて、青梅街道を横断して森のほうに飛び去った。返す返すも写真が取れなかったのは残念だった。

後日、小学校2年生の孫息子を学童保育に迎えにいった帰り、その話をした。孫は 「えっ、どこに。どうやっていたの」 と興味津津だ。そのお宅に差しかかったときに、ここから飛び上がってきたのよといいながら、ブロックの飾り穴から庭をのぞき込んだ。

そして視線を上げた私は、トイレか浴室の窓かわからないが、外を見ていたそのお宅の住人と目が合ってしまった。私は手短に事情を話して、のぞき見をしていた非礼をわびると 「ほう、カラスが……」と会釈を返してくれたのでほっとした。いやはや、びっくりした。孫は、のんびりと 「カラスは山に~」 と口ずさんでいた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ああ眠い

    Excerpt: 「珍しい鳥」について Weblog: 小野口純子 racked: 2010-08-23 17:14