早くもパウル2世のお披露目

マラドーナ ライバルの死を喜ぶ?」について

サッカーの予言タコのパウル君が先月28日に2歳で死んだ。後継のパウル君を育てるのは大変だろうと思っていたが、早くも今月3日にドイツ西部のシーライフ水族館でお披露目されたそうだ。  

後継とはいってもパウル君からの手ほどきは受けられなかったという上に、予言のデビューは2012年の欧州選手権になるかもしれないというのでは、まだ予言タコとしては海のものとも山のものとも知れないだろう。それ以上に、現在生後5カ月前後で若々しい8本の足を披露したというが、そのときに生存しているのかどうかさえ危ぶまれる。 

お披露目の行事はドイツ国内のテレビが実況中継して大勢の記者がそれに参加し、民放のアナウンサーが堂々とした様子のタコを前に 「度胸がある」 と称賛したそうだ。 “おたのしみ” のジャンルの実況中継にまじめに取材するというおとぼけぶりが楽しい。何よりも平和なニュースで喜ばしいことだ。   


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック