ついにできた パウルの碑

マラドーナ ライバルの死を喜ぶ?」について

2010年のサッカー・ワールドカップ南アフリカ大会で、8試合の結果を予言してすべてを的中させたと当時新聞やテレビで話題になった予言タコの 「パウル君」 が、昨年10月に2歳9カ月で死んだ。   これはタコです。逆さに見てイメージを膨らませましょう  


飼育していたドイツ西部オーバーハウゼンのシーライフ水族館は、かねてから敷地内にお墓をつくるといっていたが、偉業をたたえる記念碑などのパウルコーナーをつくったという。世界各地のファンから記念碑を設置してとの要望に沿った形だ。たかがタコ、されど偉大なタコだ。 

水族館内に設けられた記念碑は、サッカーボール  の上にパウル君が乗っているデザインで、ボールの中には遺灰が入っているのだそうだ。ふむふむ、タコには骨がないから遺骨はないのだ。

さらに、活躍を報じた多数の新聞やファンからのプレゼントも飾られたというが、タコが喜びそうなものとは、どんな品々だったのだろう。それも記事に書いて欲しかった。  




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック