野生のナガコガネグモの日常 平成19年 根比べ

野生のナガコガネグモの日常 平成19年」について

平成19年8月末

物干しざおに何度も巣をかけるクモがいた。姿は見えないが、払ってもすぐに糸をかけている。1日に何度も姿の見えないクモと格闘して1週間くらいたったころ、クモはさおに糸をかけるのをあきらめて、アジサイの枝とミョウガの葉に糸をかけた

もしかしたら、去年、我が家と隣家の間に大きな巣を張った “二世帯住宅に住み宝石のように変身するクモ” かもしれないと、そのころようやく気がついた。しかし、ミョウガは間もなく枯れてしまうだろうから足場がなくなると心配しているうちに、巣の中央に白い5ミリ幅のジグザグ模様ができた。

去年のクモは、我が家の1メートル50センチほどのアジサイと隣家のといを利用して大きな巣を張った。そして、それを嫌った隣家の住人は我が家の庭にスーパーの袋に重石を入れたものを幾つも投げ込み、無残にも巣が壊された経緯がある。それで、ことしは隣家の目につかないようにアジサイの茂みに巣をつくったのではないかと思う。

隣家の住人を警戒し、他人の手の及ばないところに巣をつくったということは、このクモには学習能力があり、感情さえもあるのではないかと思った。そして何よりも私を信頼しているのではないかと、虫嫌いな私が、ほんの少し、このクモをいとおしく思った。


これが私とクモとの相思相愛の仲になる始まりである。あいにく♀なので、同性愛をはぐくんだといったほうが正しいかもしれない。 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック