爆薬流出

のろのろ のろのろ」について

5日、台風12号による豪雨のため、奈良県十津川村宇宮原にある建設会社の爆薬庫2棟が近くの山の地滑りのために倒壊し、保管していた爆薬 (長さ約20センチ、直径約3・2センチ) 約3,800本と雷管 (長さ約7センチ、直径約0・5センチ) 約2,900本が熊野川に流出し、下流に向かったと奈良県警が発表した。

爆薬は雷管がないと反応しないが、雷管は衝撃や通電で爆発のおそれがあるというから恐ろしい。通電というのは、故意にしない限り起こり得ないと思うが、救助や土砂を取りのける作業中に衝撃を与えることはあり得る


県警は 「見つけたら触らず、すぐに連絡を」 と呼びかけているそうだが、夏休みが終わり、そろそろ子どもたちの川遊びの機会が少ない時期でよかった。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック