北朝鮮はスポーツマンシップにのっとって

北朝鮮・平壌で15日に行われたサッカーワールドカップ(W杯)予選の日朝戦で、日本代表が空港で足止めされるなど異例の対応を受けたと日本メディアが報じたことに対し、北朝鮮は機関紙を通じて9月に日本であったW杯予選での北朝鮮代表への待遇を挙げ 「まるで監獄だった」 と逆非難した。

ラヂオプレスによると、朝鮮労働党機関紙 「労働新聞」 は18日、ウェブサイトで、北朝鮮選手に対して日本警察がトイレまで付いてきたりしたとし、「まるで監獄に行ってきたようだ」 との選手の話を紹介した。入国時にチョコレートを没収されたとも訴えたが、真偽は全く不明だ。

日本サポーターは日の丸などの応援グッズを没収され、観客席の一角に押し込まれる“冷遇”を受けたが、「選手団も応援団、取材団も平壌に来て、商店をはじめ行きたいところに自由に行った」 と事実に反する主張を繰り広げている。



15日の試合に向けて入国する際に4時間も足どめされたとか、バナナは持ち込みを禁止されたとか、いろいろとしち面倒くさいことを北朝鮮側が主張していると聞いて、何と難しい国なのかと驚いた。また、どんな食事をあてがわれるか不安だから日本食を持ち込みたいが、できないかもしれないなど、いろいろな報道がされていた。

北朝鮮に勝ったらどんな報復を受けるかわからないともいわれていたが、幸いに負けて  無事に帰国したのだからまあいいやと思っていたが、上記のように根が深い。

それほどこだわるのであれば、北朝鮮はサッカーワールドカップに参加しないほうがよいのではないか。参加するのなら政治的思惑とか外交問題とかいろいろあろうが、スポーツマンシップにのっとって、それらを持ち込まないで正々堂々と戦えばよいのに。
他国のチームが北朝鮮に入ることはよいわけ  

日本で試合があるときは北朝鮮が不戦負けでよいなら来なければよい。また、日本チームが北朝鮮に入るのが嫌なら、北朝鮮のわがままなのだから日本を不戦勝扱いにすればよいかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 金正日の独裁ぶり

    Excerpt: 「北朝鮮はスポーツマンシップにのっとって」について Weblog: 小野口純子 racked: 2011-12-21 23:03