痛みをリセット 効果てきめん

この痛みをリセットして !!」について

思い切って痛みを “リセット” してよかった。3カ月使っていなかった筋肉が少々痛むが、これは積極的に動くことによって解消すると思う。

何と24日には、ダンスの個人レッスンを受けてきた。左足に体重がかかって飛んだりはねたりのクイックステップとジャイブは、さすがに練習メニューから外したが、あとは加減しながらではあるが、ワルツもタンゴもルンバも、パソドブレも踊った

先生は初めのうちは相当びびっていた。
「怖いなあ。大丈夫ですか」
「踊っていて、このステップはまだ無理と思ったらいいますから」

しばらくするとひざの動きもなれてきて、割合スムーズに踊れるようになった。先生も、すごいですね。ひざの悪い人の踊りとは思えないと……うなりもせず、舌も巻かなかったが、驚いていた。

もう一つリセットしなければならないと思えるのが、左足親指の、タコを削ったついでに削ったところと、 その傷が治りかけたときに傷ばんそうこうをはがしたときにむけてしまった 皮膚と、追い打ちをかけるようにせっかく薄皮が再生したときに健康サンダルの突起が刺さって また化膿したりの、さんざんな目に遭わせてしまった指の痛みがとまらない。

皮膚科で処方された薬を塗って見た目には何も異常がないのに、ストッキングをはいて外出できない。家の中でスリッパは何とかなるが、靴がだめらしい。ひりひりして余りの痛さに、自分で麻酔をかけているかのごとく歩いていても猛烈な睡魔に襲われる。

ストッキングアレルギーや靴アレルギーのようになって、一生、指をリント布 (ガーゼは繊維がかたいので痛くて使えない) で保護するのは困るので、やはり麻薬の一歩手前の  注射で一度痛みをとったほうがよいのかもしれない。指に注射を打つのは痛いだろうな。痛みどめの注射をするための痛みどめってないものかしらん……



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック