優しい名前で人殺し

本格的な冬」について

このところ寒い日が続いているが、20日には関東地方も初雪が降った。北海道を中心に記録的な積雪を観測しており、気象庁は、週明けから2月上旬にかけて 「異常天候早期警戒情報」 を発表した。聞きなれない言葉だが、日本海側は大雪のおそれがあるから警戒せよということらしい。


さて、過激なタイトルの優しいと思える名前は、ラニーニャ。何だか猫が甘えているような名前だが、日本に厳冬をもたらすとされる 「ラニーニャ現象」 は、2005年12月から2006年2月にも発生して 「平成18年豪雪」 と名づけられているようだ。

このときに全国で150人が死亡したということなので、あえてラニーニャを人殺し呼ばわりした。寒さで体調を崩した人もいるだろうが、多分雪下ろしをしていて転落したとか、車でスリップ事故を起こしたとか、事故的な死者が多かったのではないだろうか。


今回のラニーニャ現象は平成18年のときほど寒気は強くないというが、東日本大震災の仮設住宅に住む人々にとっては、18年のときに匹敵するような寒気に震えているに違いない。何も、まだ復興していないこの年にラニーニャがやってこなくてもよいのに。 いい加減に退散しないと怒るよ   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 竜巻注意報

    Excerpt: 「優しい名前で人殺し」について Weblog: 小野口純子 racked: 2012-04-03 20:03