これは大ごとだ 

原爆投下後の廃墟のようだ」について

東京湾の海底土に含まれる放射性セシウムが、昨年8月から約7か月間で1・5~13倍に増えたことが、近畿大の調査でわかったと13日に発表された。

同大の山崎秀夫教授 (環境解析学) は今年4月2日、荒川の河口付近など東京湾内の3か所で海底土を採取し、分析した。深さ1メートルまでの土に含まれるセシウムの量は1平方メートルあたり7305~2万7213ベクレルで、昨年8月20日の調査結果 (同578~1万8242ベクレル) を3カ所とも上回った。

海底面から深さ6センチまでのセシウム濃度 (1キロ・グラムあたり) は321~397ベクレルで、やはり8月20日の調査結果 (75~320ベクレル) を上回った。東京電力福島第一原子力発電所の事故で放出されたセシウムが、河川の泥にたまって少しずつ東京湾に流れ込んでいるためとみられる。



また、14日には、新潟県魚沼市で捕獲された野生のツキノワグマの肉から、国の規定値 (1キロ当たり100ベクレル) を超える134ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表された。

野生のクマの肉からセシウムが検出されたということは、えさとして食べたものにセシウムが含まれていたことになる   

やはりこれは大ごとだ 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック