台風4号が来なければ死ななかったかも

台風4号」について

神奈川県藤沢市の新江ノ島水族館は21日、江の島近くで台風接近などのため19日から保護していたアザラシが死んだと発表した。感染症にかかっていたとみられている。

水族館によると21日朝衰弱が激しくなり、抗生物質や解熱剤を注射するなど治療したが、昼過ぎに死んだという。


このアザラシは体長約1メートル、体重約30キロ。相模湾でアザラシが迷い込むのは珍しいそうで、17日に同県平塚市の海岸で目撃されたアザラシとみられ、地元の人や観光客と写真におさまるなど、人を恐れなくてかわいいいと、テレビで話題となっていた。翌日にはもう姿を消していたそうで、海に戻ったのかと思っていた。

しかし、神奈川県・江の島近くの海岸で19日午後、波打ち際でぐったりと衰弱したアザラシ1頭を住民が発見し、連絡を受けた新江ノ島水族館 (同県藤沢市) が台風4号の接近を心配して保護し、20日に映像と写真を公開していた。


テレビでは、北半球北部に生息するワモンアザラシか、クラカケアザラシの子どもとみられ、アザラシが相模湾に姿を見せるのは珍しいといっていた。


発見場所は江の島の西約3キロで、水族館によると、18日にも同じとみられるアザラシが水族館近くの海岸に姿を見せ、スタッフらが海に戻していたそうだが、もう台風の影響で海が荒れ、もみくちゃになっていたのではないだろうか。そのときに海に戻さないで保護していれば、アザラシの子どもは助かったかもしれない。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック