レアアースの宝庫 !!

日本の最東端の南鳥島 (東京都小笠原村) 周辺の排他的経済水域 (EEZ) 内の海底に、ハイテク製品に欠かせないレアアース (希土類) を大量に含む泥の大鉱床があることを東京大の研究チームが発見した。同様の泥は南東太平洋の公海上などで見つかっていたが、日本のEEZ内では初。国内の年間消費量の200年分を超える埋蔵量とみられ、採掘が実現すれば中国からの輸入依存を脱却できる可能性がある。

発見したのは東大大学院の加藤泰浩教授 (地球資源学) ら。東京都内で開催中の資源地質学会で28日、発表した。

濃度や層の厚みなどから、周辺のレアアース埋蔵量は約680万トンと推定され、日本のレアアース消費量の約230年分に相当するという。また、島の北約180キロでも1千ppmを超える濃度の泥が見つかっており、加藤教授は  「分布は広く、周辺には何千年かかっても使い切れないレアアースが眠っているとみられる」 と話す。

レアアースは、ハイテク素材に少量添加するだけで性能が飛躍的に向上する。世界産出量の大半を占める中国は、平成22年9月に沖縄県の尖閣諸島沖で発生した中国漁船衝突事件後、日本向け輸出を一時停止するなど、外交カードとして利用しており、中国依存からの脱却は日本の急務となっている。

脱却どころか、中国の産出が枯渇したときには恩に着せながら中国に輸出したりして。地下資源の豊富な国、ニッポンとなりますように 


採掘技術の確立やコスト競争力が今後の課題だが、公海上ではなくEEZ内で見つかった意味は大きく、加藤教授は 「さらに詳細な調査が必要だ」 と話しているそうだが、見通しはいつごろなのだろう。230年分などと途方もない量のレアアース道を発電につながる何かに活用できないものか。全く異質のものか、知識がなくてよくわからない。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック