どーも、すいません

ためしてガッテン 手づくり模型」について

山田洋次監督から演技を 「相当ひどい」 と辛口評価された落語家の林家正蔵。この記事に添えられた故林家三平の 「どーも、すいません」 のポーズを真似た林家正蔵の写真がいい。デイリースポーツ 
監督の辛口評価を聞いて、本当に本人が頭をかいている様子が目に浮かぶ。


映画監督の山田洋次氏が1日、都内でシネマ落語 「落語研究会 昭和の名人 四」 公開記念トークイベントで、落語家・柳家花緑と対談した山田監督は、最新作 「東京家族」 (2013年1月公開予定) で俳優として起用した正蔵について 「本読み (脚本の読み合わせ) のときに相当ひどくて 『まいったな』 と思いましたよ」 と明かした。

現場でも、正蔵のためにテストと撮影を何度も繰り返す羽目になったことを苦笑いで告白。最後は 「あの人の善人ぶりが、におうように出てよかったと思います」 とフォローしたものの、日本映画界の巨匠を困らせる演技だったようだ。


そのように “酷評” された林家正蔵だが、現在NHKテレビの朝ドラ 「梅ちゃん先生」 では、味わい深い “語り” をしている。映画だって数を重ねて撮影になれれば、山田監督が 「すばらしい演技で、作品に命が通った」 などと絶賛する日も来るに違いない。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック