新出生前診断

胎児にダウン症などの染色体異常がないかどうか、妊婦の血液から99%の確率でわかるという新たな出生前診断が、国内の2つの病院で導入されることがわかった。

導入が予定されているのは、東京都の昭和大学病院と国立成育医療研究センター。新たな出生前診断はアメリカの検査会社が開発したもので、妊娠10週目以降の妊婦の血液を調べるだけで、ダウン症などの染色体異常がないかどうかが99%の確率でわかるという。国立成育医療研究センターによると、今後、病院内の倫理委員会の審査・承認が得られれば、来月中にも導入される。

現在、出生前診断として行われている羊水検査は、流産の危険性があるため、新しい診断の希望者が増えることが予想される。一方で、検査結果による人工妊娠中絶の増加も懸念され、日本ダウン症協会は出生前診断が安易に行われることに反対している。

日本産科婦人科学会の出生前診断に関する作業グループの平原史樹委員長は 「採血だけで検査自体は簡単だが、結果は遺伝子に関する重大な情報だ。通常の妊婦健診のような感覚で受けると、予期せぬ結果に困惑する可能性がある」 と話す。


私は、妊婦の自由意思でこの検査が受けられて、かつ胎児の障害の可能性が判定されたときには、やはり妊婦の意思に任せて人工妊娠中絶の道が開かれるほうがよいと思う。人工妊娠中絶がふえるからよくないとか、日本ダウン症協会が反対していることは解せない。

35歳以上の高齢出産は障害を持つことが多いとか、羊水検査は流産の危険性があると聞けば、なおさらだ。検査の結果、産むか産まないかの選択は個人の自由に任せればよい。

障害を持って生まれてくるとわかれば、高齢出産の場合は、その子が成長するまで、あるいはその後もケアできるかと考えたときに、涙をのんで産まないと決断することもあるだろう。逆に、授かった命だから、たとえ障害があっても喜んで迎えようと決断する親もいるだろう。


ダウン症協会が反対する主な理由は 「ダウン症を持った人が否定される」 ということだそうだが、診断によって中絶する人がふえてダウン症患者が減っても、別にダウン症患者が否定されることはない。これから先も手厚いケアと治療法の研究は進められると思う。

反対する方たちに 「ダウン症という障害を持って生まれたことはうれしいですか。生まれかわってもダウン症患者として生きたいですか。自分の子どももダウン症で生まれればよいと思いますか」 と問いたい。できれば、普通に何でもできる平凡な人生を歩んでみたいと思うのではないだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック