給水制限中の知恵

犬の外交官 !!」について

ジンバブエ第2の都市ブラワヨのモヨ市長は22日、度重なる給水制限の影響で水が流れない下水管が詰まるのを防ぐため、毎週月曜日の決まった時間にトイレの水を一斉に流すよう市民に命じた。

ブラワヨ市は慢性的な水不足により頻繁に給水制限を強いられ、下水道に流れる水が少なくなっているため、給水制限の間にたまるごみをきれいに流すため、毎週月曜日の午後7時半に大々的に水を流すそうだ。

市民が同じ時間に一斉にトイレの水を流すというのは、すばらしいアイデアだと思う。  

 

日本でも関東1都5県の水を賄っている利根川水系が雨不足のために10%の取水制限をしていたが、22日から23日の降雨で川の水量が増えたため、24日に一時解除された。

しかし、まだ利根川上流にあるダム8カ所の貯水率は24日午前0時現在で41%にとどまっている。国土交通省関東地方整備局などは、ダムの貯水率が改善しなければ取水制限を再開するという。

今後は秋の長雨の時期に入るため、ジンバブエのような給水制限には至らないだろうが、知恵として心の隅にとどめておくとよいだろう。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック