自民党総裁選挙

購入費の寄付金を次期政権に譲渡」について

午後1時から自民党の総裁選挙の模様がテレビ中継された。

選挙管理委員が投票箱を改めますといって、箱の扉や底をあけて中には何も入っていないことを会場全体に見えるように向きを変えた。

中に何も入っていないことを示して、中からハトやいろいろなものが出てくるマジックを連想した。何も入っていないと見せかけて、だれかの票がごっそり入っていたり……などということはもちろんない。不謹慎で済みません 

どの候補も過半数に達していなかったため、安倍元総理大臣と石破前政務会長の上位2名の決戦投票となった。40年ぶりとのことだった。その結果、安倍氏が自民党総裁になった。総選挙が行われれば、多分、総理大臣に返り咲くことになる。


ここ数日、だれが総裁になるかと識者がいろいろ語っていた。だれに票が入るか予想する材料の一つに、投票用紙に記入している議員の手元を見ればおおむねわかるといった人がいた。

例えば、最後に点を打つ動作が見られたら石破茂氏で、横に腕が3回動いたら安倍晋三氏で、跳ねたら石原伸晃氏だと、解説していた。

きょうは、それを参考にして投票する人々の後ろ姿を注視したが、テレビ画面が1人の人をじっくりと追っていなかったので、私には、だれに投票したのか1人も解明できなかった。

選挙の模様も、退屈しないいろいろな楽しみ方  があるものだ 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック