公開論争 橋下大阪市長

森口尚史氏 うそをついて何の得があるのか ?」について

「日本維新の会 (維新) 」 代表である大阪市の橋下徹市長が、朝日新聞系の 「週刊朝日」 が自身の出自に関する連載記事をスタートしたことに激怒し、朝日新聞と朝日放送の記者の質問に答えない意向を示した問題が注目されている。

本日、14時からの定例会見でメディアサイドと議論をします。 

橋下氏は18日朝、自身のツイッターにこう記し、朝日新聞側に “公開論争” を仕掛けることを宣言した。

さらに、「一番問いたいのは、朝日新聞は血脈主義、身分制度を前提にするのかどうかということ。これは優生思想、民族浄化思想にもつながる」 「アメリカでの人種差別、ヨーロッパにおけるナチス思想に匹敵するくらいの危険な思想だ」 などと、連続してツイートした。

問題となった連載は、週刊朝日が10月26日号から開始したノンフィクション作家、佐野眞一氏と取材班による 「ハシシタ 奴の本性」 。橋下氏を 「この男」 と呼ぶなど、批判的トーンで出自などに迫っている。橋下氏は17日、朝日新聞グループの記者の質問には答えない意向を示した。


この “公開論争” を私は見ていた。間にニュースやお知らせなどが入ったが、ほぼ橋下氏の言い分は聞けたと思う。畳みかけるような激しい口調だったので拒否反応を示す人がいたかもしれないが、内容は当然のことのように感じた。行き過ぎた報道は時として人権を傷つける。 

親会社の朝日新聞社を批判するのもうなずける。週刊朝日に出資している以上、関係ないでは済まされない問題だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック