今度の作業車は “青キリン”

http://blogs.yahoo.co.jp/junkoyokostay/13710291.html

過日、土建作業車の威力について、もう一つのブログに書いた。 

そのときは黄色い車体の頑丈な作業車 (クレーン車 ?) に感心して書いたが、今度は青い車体の作業車が来た   荷台はなく、ほとんどが運転席の車だ。屋根部分に、たたんだアームらしきものが搭載されていた。

ほんの二、三分目を離したすきに、アームが天高く伸びていた。部屋の戸をあけて見上げても先端が見えない。部屋に寝転んで見上げても見えないほど高く高く伸びていた。その収納のわざにまた驚くとともに感心した。 

ロープが伸びてその先に太いワイヤがついていた。小ぶりの畳ほどの布に網目状にワイヤがついた四角いものに他の作業車が土を2杯入れて、それをほかへ運んであける。何度か繰り返していたので用事にとりかかった。
30分目を離したすきに、今度は何と4畳より少し大きいプレハブをつり下げていた。目的地におろしたと思ったら、あっという間にもう一つプレハブを運んできた。どこにあったのだろう。それらの早業にマジックを見ているような気がした。 
 “青キリン” さん、いい仕事してますねえ 

下から2段目くらいのアームに 「吊り荷の下に入るな」 と書いてあるのに気がついた。確かに、荷崩れしたら下にいる人はつぶれる。いい注意書きをしてますねえ  当然か 

小さな車体でプレハブなんぞをつり下げるには、高く高くアームを伸ばさなければ車体が引っくり返ってしまう。いい設計をしましたねえ 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック