ついに衆議院11月16日に解散

野田総理は学習能力なし」について

民主党は13日、国会内で常任幹事会を開き、出席者から、年内の衆院解散を目指す野田首相の動きに対する批判や反発が続出した。

幹事会では、年内解散への反対論のほか、首相退陣を求める声が上がり、輿石幹事長が首相に対し、「党の総意」として解散に反対する考えを伝えることを決定した。輿石氏はこの後、国会内で首相と会談し、これを報告した。これに対し、首相は年内解散を断行する考えを崩していない。民主党内の攻防も緊迫している。

民主党の幹事会では、年内解散に反対し首相退陣を求める声まで上がっていた。


きょう14日、野田総理と各党の党首討論が行われた。

安倍自民党総裁の質問に、野田総理は、議員の定数削減を来年の通常国会で通過させると確約できるなら16日に解散すると明言した。

自民党は直後に会合を開いて野田総理の求めに応じることになり、16日の解散が決まった。これにより民主党内では 「この状態では選挙に勝てない。自民党は泣いて喜ぶ」 と、離党を考える議員も多いらしい。 


東日本大震災の復興問題、北朝鮮による拉致問題等、数々の案件は政府が機能しているから心配ないというが、これから約1カ月、選挙戦に浮き足立つことを思えば、やはりおろそかになるに違いない。

玄葉光一郎外相は12日の記者会見で、月内にも予定される日朝政府間協議について 「おくれることもあるかもしれない」 と述べ、日程調整が難航していることを認めたばかりだ。解散総選挙となれば、うやむやになってしまうおそれもある。 

担当大臣が何人も何人もかわった末の一条の光が、また消えかかっている。拉致被害者家族の心情を思うとやりきれない。 




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック