科学の進歩で金メダル等失格か

ゴシンピックと皮肉られ」について

2004年アテネ五輪の金メダリストら5人がドーピング違反で失格になる可能性があることが26日、わかった。国際オリンピック委員会 (IOC )のリュンクビスト医事委員長が、同五輪の検体を再検査した結果、新たな違反が見つかり近く聴聞会が開かれるとAP通信に語った。 

報道などによると、5人は陸上で男子砲丸投げ1位のユーリー・ビロノク (ウクライナ )同ハンマー投げ2位のイワン・チホン (ベラルーシ) 女子砲丸投げ3位のスベトラーナ・クリベリョワ (ロシア) 同円盤投げ3位のイリーナ・ヤチェンコ (ベラルーシ) 重量挙げ男子77キロ級3位のオレク・ペレペチェノフ (ロシア)。

IOCは検体を8年間保存し、当時は検出できなかった禁止薬物を再検査している。アテネ五輪分は約100検体を再検査した。(共同) 


8年間も保存し、またその間に禁止薬物が検出できるようになったことはすごい。日本でもDNA鑑定で無実の罪が晴らされる事件が最近は多くなった。疑わしいもの、あるいは後に解明できるかもしれないものは全部保存しておくことは、その管理が大変だろうが、とても意義深い。

同時に、どんなに巧妙な手段を使っても悪は必ず暴かれる時代になりつつある。よいことだ。科学の進歩  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック