ダイオウグソクムシ絶食5年目に突入

3年11カ月絶食の生物」について

三重県鳥羽市の鳥羽水族館で飼育している深海生物 「ダイオウグソクムシ」 が、餌を食べないまま5年目に突入して、飼育員を困らせているそうだ。 

同館は2匹を飼育展示しており、絶食しているのは07年9月に入館した 「No.1」 (体長29センチ)。09年1月にアジ1匹 (約50グラム) を食べて以来、何も口にしていない。入館時の体重は1,040グラムで、昨年11月の測定では12グラムしか減っていなかった。ダイオウグソクムシは、メキシコ湾やカリブ海などの深海に生息する海生甲殻類で、等脚類中の最大種。魚などの死骸を食べるため 「海の掃除屋」 とも呼ばれる。

この日、与えたのはアジ、シシャモ、イカの足。飼育員の森滝丈也さん(43)が水槽のふたを開け、No.1のそばに置いたが、脚を動かしてはじき飛ばし、十数分後には体を丸めてうずくまってしまった。 

海の掃除屋と呼ばれているなら、いっそのこと、もう少し生きの悪いえさを与えてみてはどうだろう。


森滝さんは昨年12月に 「11月5日にえさを与えたところ、いつもより少し反応がよかったが、結局今回も食べなかった。もしかすると来月か再来月には食べてくれるかもしれない」 と期待を込めていたが、ことし1月4日には、与えられた餌を前に、見向きもせず迷惑そうに立ち上がったというから、飼育員の苦労をよそに、何ともユーモラスな生物だ。


海には、このほかにも不思議な生き物がいっぱいいるそうだ。その不思議な生き物を、だれかシリーズで紹介してもらいたいものだ   横着者の人頼みで 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック