2036年に小惑星が地球に衝突したら

また天体ショー !!」について

2004年に発見された小惑星アポフィスが36年4月13日に地球に衝突する可能性がわずかながらあり、米航空宇宙局 (NASA) は近く、本格的な調査に乗り出す。9日現在、アポフィスは地球から約1,450万キロ離れている。

アポフィスはエジプト神話に登場する邪神の名で、大きさは直径270メートル。当初、29年に2.7%の確率で地球に衝突するとの説が浮上したが、その後の観測の結果、衝突の可能性は大幅に低下した。しかし、NASAによると、なお 「25万分の1」 の確率で36年に衝突する可能性が残されている。 

地球に衝突した場合、威力は広島型原爆の2万5,000倍と推計される。といっても、2万5,000倍がどの程度の威力を持っているのか見当がつかない。人類が滅亡するほどであれば、たとえ25万分の1の確率でも23年後は現実味があるから、もっと大騒ぎするだろう。地球のどの部分に  衝突するかもわからない。 
 
 

調査は来週から実施し、アポフィスの移動経路や速度を詳細に分析するそうなので、その結果を見てから大騒ぎ   すればよいかもしれない。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック