中国の大気汚染 祝い事は国内だけで

尖閣諸島 アメリカの見解」について

春節 (旧正月) の大晦日に当たった9日、江蘇省南京市では新年を祝う爆竹によって同日夜より大気汚染指数が急激に悪化、同市当局が微博 (中国版ツイッター) 上で爆竹の使用を控えるよう呼びかける 「お願い」 を発信する事態となった。中国メディア・光明網が伝えた。

記事は、9日の日中は1立方メートル当たり39マイクログラムだった同市のPM2.5指標が、現地時間同日午後6時より急上昇、日付が変わるころには350マイクログラムの 「最重度の汚染レベル」 に到達したと伝えた。

そこで、同市環境保護局が9日午後11時37分に 「空気が汚染レベルになっています。できるだけ爆竹を使わないでください。皆さんにお願いです」 というメッセージを微博上に掲載したと報じた。

記事はまた、専門家が 「花火や爆竹による汚染は、例年に比べて減少していない」 と分析するとともに、好天で風が少なかったことも汚染物濃度急上昇の一因であると語ったことをあわせて紹介した。



やっぱり爆竹で汚染悪化 当局 「お願いだから控えて」 という見出しは、昨今の日本上空の大気汚染に閉口して日本側が出した 「お願い」 かと思ったら、中国内でのお願いだった。

しかし、その爆竹の影響で日本国内の上空の汚染指数が上がっているということにならないのか。そのことに何も触れていないのは、単に中国メディアの報道を伝えたにすぎず、これから専門家のコメントが入るのだろうか。  

何だかよくわからないが、また中国   というもろもろの事態はもう結構だ。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック