「喋る」 スニーカー

飛行機に乗りたかった蛇」について

Googleは米国時間3月9日、South by Southwest (SXSW) カンファレンスで 「喋る」 スニーカーを披露して注目を集めたとEngadgetが報じた。

このAdidasのスニーカーはマイクロコントローラのほか、加速度計やジャイロスコープなど数々のテクノロジを搭載している。スニーカーはあらゆる動きを監視し、マイクを通してそれらの動きを言葉で表現する。

さらに、Googleの広報担当の説明によると、スニーカーはデータを使って 「個性」 を身につけるという。ユーザーが走り出せば、スニーカーはアスリートの個性を持ち、ユーザーを励ます。一方、怠惰な個性を持っている場合は、ユーザーが運動するとあわてる
という。 


スニーカーがあわてるなど、何だか面白い靴が開発されたものだと感心した。   でも、ホノルルマラソンや東京マラソンなどで選手が一斉に走り出して、それぞれの靴がしゃべり出したら相当うるさいだろうなと心配になった。第一、せっかく靴が励ましてくれても、走っている本人が聞き取れるのかどうか…… 


しかし、凡人の心配は無用だった。Googleによると、このスニーカーは、広範なマーケティングプログラムの一環で行われた実験であり、発売の予定はないという。

よかった。よかった。   マラソンコースの沿道に位置する家や企業などは、大勢の声援とともに、選手の数だけ靴がしゃべっていたのでは、たまったものではない 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック