道路上に針金 いたずらではなく犯罪だ

ロープ事故」について

2月22日午後10時50分頃、大阪府東大阪市加納の市道で、両端の道路標識を結んで道路上を横切る形で針金 (直径3ミリ) が張られているのを、通りかかった男性が見つけ、110番した。

針金は路面から約1・1メートルの高さにあり、けが人はなかったが、河内署は悪質ないたずらとみて殺人未遂容疑で捜査している。


発表では、現場の市道は幅約6メートルの一方通行道路。住宅街で夜間の通行量は少なく、発見した男性が約3時間前に通った際に針金はなかった。


路面から約1・1メートルの高さにあり、幅約6メートルにもわたって張られていたということは、いたずらで済ませてはいけない。たまたまけが人がいなかったけれども、自転車で走っている人には、わずか直径3ミリの針金に気がつかないで転倒事故を起こすかもしれない。

15日夕には、約10キロ北東の枚方市東香里元町の住宅街でも、電柱を使って同様の手口で道路上に針金が張られているのが見つかっているそうだから、悪質ないたずらなどと簡単に考えないで、きちんと捜査してもらいたい。

転んで打ち所が悪ければ殺人になるかもしれない。死ねればいいが、植物人間として一生を台なしにする人が出るかもしれない。この手の行為を悪質ないたずらで片づけないでほしいものだ。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック