学名 カワイイ

1頭身で500円玉サイズの生物の正体」について


日本最古の哺乳類化石、学名は 「カワイイ」

2007年11月に兵庫県篠山市の白亜紀前期の地層 「篠山層群」 (約1億1千万年前) から発見された化石が、哺乳類 (真獣類) として国内最古で、新属新種とわかった。ネズミほどの大きさとみられ、地名や河合雅雄名誉館長の名前にちなんで「ササヤマミロス・カワイイ」の学名をつけた。

発掘調査をしてきた兵庫県立人と自然の博物館 (同県三田市) が27日、英国王立協会紀要電子版に掲載されたと発表した。


写真を見ると、恐竜のような姿形だ。これでネズミほどの大きさということは、本当にかわいらしい。

この学名の 「カワイイ」 は、愛きょうのあるかわいい  ではなくて、小さくてかわいいという大きさをあらわしている  と、写真を見ていない人のために、余計なお世話ながら当たり前の解説を一筆……

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 妖怪いちご大福

    Excerpt: 「学名 カワイイ」について Weblog: 小野口純子 racked: 2013-04-07 20:40