子宮頸がんワクチン 公的な接種になってしまった

子宮頸がんワクチン重い副反応 予防の是非」について


子宮頸がんなど3ワクチン、4月から定期接種の対象に

子宮頸がんなど3ワクチンを定期接種に加える予防接種法改正案が29日、参院本会議で可決、成立した。4月1日に施行される。公的な接種になることで、重い副作用が起きた場合に手厚い補償が受けられるようになる。

ほかに追加されるのは、乳幼児の細菌性髄膜炎の原因になるインフルエンザ菌b型 (ヒブ) と小児用肺炎球菌のワクチン。3ワクチンは2010年度から暫定的に公費助成されてきた。子宮頸がんは小学6年~高校1年、ヒブと小児用肺炎球菌は生後2~60カ月が定期接種の対象となる。

子宮頸がんのワクチンを巡っては、ほかのワクチンに比べて副作用報告が多いと懸念する声がある。失神やけいれんが目立つことから、厚生労働省は 「注射針を刺すことが影響している可能性がある。中止するほどの重大な懸念はない」 としている。予防接種法で国の救済制度が適用されれば、針を刺すことによる健康被害も医療費や障害年金の支給対象になる。


子宮頸がんは遺伝などに関係なく、性交経験がある女性なら誰でもなる可能性のある病気だと認識している。それなのに、なぜ副作用の危険を冒してまで小学6年~高校1年に定期接種の対象にしなければならないのか解せない。 

国は、小学生のころから性交があっても構わないというか 「どんどん性交に励みなさい。病気にならないように国が予防してあげますよ」 と推奨しているようなものだ。変じゃない   それよりも性交は子宮頸がんにかかることがあるという知識を与え、自分の体は自分で守りましょうと教えたほうがよほどいい。


公的な接種になることで重い副作用が起きたときに手厚い補償が受けられるようになるといっても、はしかと違って他人に感染するわけではない。副作用にかかってその後の人生が台無しになったら、補償額云々ではないと思う。人生そのものを返してあげられるの 


まだ義務ではないかもしれないが、仮に全国の小学6年~高校1年全員が公費で接種を受けたとしたら、一体どれだけの費用がかかるのか。この制度は、だれが得をするの 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2015年08月07日 00:37
mayflowerさん、コメントありがとうございました。

一市民として活動をしているthinkerの情報もありがとうございました。何か問題があったときに参考にしたいと思います。

2015年08月06日 15:17
ワクチンについては、thinkerブログで丁寧に説明されています。「thinker ワクチン」で検索できます。
2015年08月06日 14:55
さとう内科さんのHPによると、性交によるヒトパピローマウイルスの感染によって、子宮頸がんになるのではないそうです。また、「出生直後の乳児に高病原性HPV感染がみられるというフィンランドの論文を考慮するならば、子宮頸がんHPV持続感染説は完全に破綻している。」とも書かれています。
「誰が得をするか?」
製薬会社です!アメリカのいくつかの州ではヒトパピローマウイルスワクチンの接種がすでに義務化されていて、それを嫌がって引っ越す人もいるくらいだそうです。
(コピペ)
また、「男児への子宮頸がんワクチン接種勧奨」が、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)という公的機関によって出されている。男児には子宮頸部がないにもかかわらずだ。
…さらに、アメリカのいくつかの州では、接種しない児童の登校禁止まで審議されているという。それもこれも製薬会社がワクチンを売りたいがためだ。企業の強欲ぶりはとどまるところを知らない。(ここまで)

この記事へのトラックバック