訴訟は起こさないが同感

ためしてガッテン ワワワワワワァ~  見なくてよいものもある」について

NHKは放送番組や番組名で外国語を使いすぎるのをやめるべきだ-。こんな訴えが名古屋地裁であったことが26日、明らかになった。外国語の乱用で内容を理解できず、精神的苦痛を受けたとして、71歳の男性がNHKに対し141万円の慰謝料を求めたこの裁判。公共放送NHKのカタカナ言葉使用に一石を投じる形となった訴えを、司法はどう判断するのか。

カタカナで表記すると意味が変わるのか。普遍的な報道に、見栄えや格好良さを求める必要があるのか」。 こう話すのは、提訴した岐阜県可児市の任意団体 「日本語を大切にする会」 で世話人を務める高橋鵬二さんだ。

訴状では、NHKが番組内で 「リスク」 や 「ケア」 など、外国語を使わなくても表現できる言葉を多用しており、番組名にも 「BSコンシェルジュ」 「ほっとイブニング」 など外国語を乱用していると主張。視聴者の大部分が理解できる言語で製作されておらず、憲法で保護された知る権利や幸福追求の権利を侵害しているという。

また 「NHKは国家機関が関与する公共放送で、広範囲で視聴できるため影響力が強い」 と指摘。公共性の高いNHKが日本語を軽視する姿勢にも強い疑問を呈している。高橋さんは一昨年末、NHKに公開質問状を提出。しかし、回答がなかったため、訴訟に踏み切ったという。

平成14年から18年まで行われた国立国語研究所の 『「外来語」 言い換え提案』 に関わった鳥飼玖美子・立教大特任教授=言語コミュニケーション論=は 「新しく導入される外国語は増加傾向にある。さまざまな文化を取り入れる日本語の利点は残しながらも、あらゆる世代が理解できる言葉を選び、残していくべきだ」 と話す。

特に、高齢になって利用機会が多くなる福祉分野や医療分野で外国語が多用される傾向があるといい、「公共放送だからこそ、外国語やカタカナ語が苦手な少数派の意見に配慮してほしいと考える男性の心境は十分理解できる」 という。


公共性の高いNHKのみならず、各局の放送用語や普通の会話にも外国語が多過ぎると私も思う。大して長くない話の中で3割も4割も外来語が混じっていると、どこの国の人の発言だろうと混乱することがある。   きょうもNHKの再放送を見ていたら、バイタルサインとかバイタルデータという言葉が何度も飛び交っていた。 

バイタルって何  と無知な私はしばらく気になって内容はそっちのけだった。ずうっと見ていると、体温のことかなと推測できたが、調べてみると一般的には、脈拍あるいは心拍数・呼吸(数)・血圧・体温の4つを指すことが多く、救急医学などでは意識レベルなどもバイタルサインとして重要視しているのだそうだ。 

専門的な会議の場ならいざ知らず、娯楽番組を見ていて一々外国語の意味を調べなければならないのは異常だ。訴訟を起こした人の気持ちはよくわかる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 恐怖に陥った幼女

    Excerpt: 「訴訟は起こさないが同感」について Weblog: 小野口純子 racked: 2013-11-19 23:57