2020年オリンピック 新国立競技場

2020年オリンピック 東京に決定」について

2020年の東京五輪でメイン会場となる予定の新国立競技場が、デザイン、安全、費用などの面で論議が沸き起こっているという。周囲の道路アクセス能力などから、災害時に8万人の観客をスムーズに周縁に誘導できるのかといった、安全性の問題についても疑問の声が上がっている。


新国立競技場は、現在の国立競技場がある東京・神宮外苑とその周囲を拡張した11ヘクタールの敷地に、総工費1,300億円をかけて建設が予定されている。収容人員は8万人以上で、現在の国立競技場の6万人を大幅に上回っており、総床面積 (29万平方メートル) は五輪史上最大規模になるといわれている。総工費試算が2倍以上に膨らみ、計画変更を余儀なくされている。

華やかな五輪の17日間の後も、競技場は50年、100年と世代を超えて維持管理し続けなければならない。 「東京ドームの約1.5倍の人数、恒久的に8万人を収容できる巨大施設で、東京ドームならプロ野球試合を初め一定の需要が見込めるが、8万人を満たすパフォーマンス (ロックコンサートなど) はそう頻繁に行われるとは思えない。  

プリツカー賞、高松宮殿下記念世界文化賞などの受賞歴がある世界的建築家の槇文彦さん (85) も、産経新聞 (10月9日付) のインタビューに応え、五輪そのものに反対なのではないとした上で、次のような疑問を呈している。

オリンピックのメイン会場という国家的なプロジェクトであるにもかかわらず、情報公開や国民の声を反映させる手続きが不十分な点と 「国立競技場将来構想有識者会議」 のメンバーは佐藤禎一元文部次官をトップに、猪瀬直樹東京都知事や竹田恒和日本オリンピック委員会会長ら政界、スポーツ界関係者ら14人で、建築関係の専門家は、建築家の安藤忠雄さんだけという点だ。


デザインは応募した中から外国人のものが採用されたというか、外観を上空から見ると、競輪選手のヘルメットのようだったり、サメが歯をむいているように見えたり、何だかわけのわからない建物で私は好きになれない。 このデザインを採用したために当初総工費を1300億円と想定してデザインを公募したが、総工費が3000億円に上ることが採用後にわかったという。

下村文部科学大臣も検討しているというが、やめれば   といっても今さら採用を取り消すわけにはいかないかもしれないが、小型   なものにするとか ……


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック