手乗りジカ !! ジャワマメジカ

血液で膨らんだ蚊の化石」について

この小さな生き物は、ジャワマメジカで 「森の妖精」 とか 「手乗りジカ」 とも呼ばれているそうだ。 
   
https://matome.naver.jp/odai/2138678029064486801


生息地     東南アジアの熱帯雨林、マングローブ林

体の大きさ  体長44~48cm、肩高20cm、尾長6.5~8cm、体重1.7~2.6kg

えさ       主に葉っぱと落下果実。動物園では小松菜、草食獣用ペレット、
         ヘイキューブ、リンゴ、ニンジン、バナナなどを与えている。

特徴      ウサギぐらいの大きさしかない、最小の有蹄類。マメジカ科に属
         し、4種がアフリカと南アジアに生息している。いずれの種も
         細く短い肢をもち、ずんぐりとしていて、機敏に動き回ることは
         できない。臆病で人目に触れない夜行性。



日本では上野動物園で飼育しているそうなので、行く機会があったらジャワマメジカの飼育舎を探してみよう。今まで何度も上野動物園に行ったが、ジャワマメジカの存在自体を知らなかったので、見たことがない。

上記の動画を見ると、非常にきゃしゃな体型なので、見えるところに出ていればラッキーなのか    ちょろちょろと出てくる動物を威嚇するでもなく、無心に葉っぱを食べている様子がかわいい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック