今どきの若者は …… 蛇口あれこれ

別に若者に苦情を呈する事柄ではない。ただ、水道の蛇口をひねることを知らない若者がいることに時代の急速な流れを感じる。

ある大学で、実験をしているときに学生に 「水を持ってきて」 といってもなかなか水が届かない。再度促す。すると
「水がありません」
「えっ、そこにあるだろう」
「水が出ません」

そこにあるのは蛇口をひねる昔ながらの水道管だった。蛇口を回すんだよといっても、その動作ができない学生がふえたという話を聞いた。

思い起こせば、トイレで蛇口のない洗面台の前で戸惑ったことがあった。下に手をかざすだけで水が出ることに驚いた。今どきの若者からすればごく当たり前のことで、蛇口をひねらないのに水が出たと驚く年代の人にびっくりすることだろう。


家庭の蛇口も最近はレバー式が多くなった。我が家は水を出すときにレバーを上に上げる。とめるときは下に下げる。ところが、出先で水をとめようとしてレバーを下げると、勢いよく水が出て慌てることがある。メーカーで統一すればよいのにと、その都度思っていた。

最近、水を出すときにはレバーを上げるようにした理由を知った。以前は下げれば水が出る方式だったが、東日本大震災のときに、上から物が落ちて水が流れっぱなしになったことを踏まえて、レバーの使い方を逆にしたのだそうだ。震災から1年もたたないうちに改善した業界は、偉い  



東日本ぢゃぁなくて阪神大震災のときよ(*^∇^*)ノ  老婆心でm(_ _)m ~NORINKO~  と、~NORINKO~さんからコメントをいただいた。 1年で改善したとは、早過ぎると思った。  貴重なコメントをありがとう   

この記事へのコメント

2013年12月05日 14:14
東日本ぢゃぁなくて阪神大震災のときよ
(*^∇^*)ノ

老婆心でm(_ _)m
2013年12月05日 17:29
~NORINKO~ コメントありがとうございます。

阪神大震災のときでしたか。どうりで、随分早い対応だと思いました。 

またよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック