ブチ切れて当然

橋下市長ブチ切れ!騒ぐ新成人に一喝「出ていきなさい!」

大阪市の橋下徹市長 (44) が13日、同市淀川区で行われた 「成人の日記念のつどい」 を訪れ祝辞を述べた際に、拡声器を持って騒ぎ立てた新成人とみられる7、8人の男性グループに退場を命じるハプニングが起こった。

同区役所関係者によると、男性グループは会場に2トントラックで乗りつけ、会場前に路上駐車。式典冒頭から会場内で拡声器で 「橋下元気か!」 など叫ぶなど、騒ぎ続けたという。壇上の橋下市長が一度は 「ルールを守りなさい」 とたしなめたが、しばらくして再び騒ぎ出したため 「出ていきなさい!」 と退出を命じた。

橋下市長は、その後、同市都島区の成人式式典に移動して祝辞を述べた際に 「さっきの会場では、全然ルールを守ってくれないから 『外に出したほうがいいんじゃないか』 と言ったら、案の定そのメンバーが式典の会場の前でケンカしちゃって、なんかえらいことになった」 と語った。同会場では “徹コール” や指笛などは鳴ったが、橋下市長は 「元気なわりに、こうやってちゃんと着席してるのはすばらしい!」 と拍手を送るポーズをとった。


人生で最初で最後の成人式を汚す行為はとんでもない。大半が成人になった自覚と喜びを祝うために参列している。その厳粛な場で人の話をまともに聞かなかったり、話を遮るように騒ぎ立てるなど言語道断だ。

毎年、各地でこんな騒ぎが繰り広げられる。成人したのだから、規律を乱す連中は騒乱罪ででも逮捕すればよい。もう少年法は適用されないということを知らしめるべきだ。 

生きることに権利と義務と責任が生じることだと教えるための場として成人式が行われるべきで、新成人にこびて、甘やかせて、ご機嫌とりの場にしてはならない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック