どっちもどっちと小泉進次郎氏

猪瀬知事 1年間給料返上」について

小泉進次郎復興政務官は、自民党が支援する舛添要一元厚生労働相について 「党を除名された方を支援することも、支援を受けることも、どっちもどっちだ」 と、冷めた言い方をしていた。

そうこうしているうちに細川護煕元総理が脱原発を争点に掲げて都知事選に立候補することを明らかにした。脱原発を主張する小泉純一郎元総理が全面的に支援するという。このことに対しても進次郎氏は、応援する大義はないと強調し、復興政務官の任務を全うするだけだと応援要請があっても受けない考えを示した。

これに対してテレビのコメンテーター氏は、小泉家はもともと家族関係がさっぱりしているから親子のしがらみなどで行動しないでしょうといっていた。


「脱原発」 を争点化することに対してはいろいろな意見がある。

東京は最大の電力消費地であり、東京電力の大株主でもある都のトップが、原発についてどのような考え方を持って都政を担うのかは非常に関心があるところだと思うと語る人がいる。

原発というエネルギー政策の根幹を決めるのは国の役割である。どうしても 「原発ゼロ」 を実現したいなら、いま一度国政に打って出て問うべきだとの意見もある。


私は、都知事選で脱原発を掲げるのは無理があると思う。これは東京都だけでなく、国がその方向で動いたにしても今すぐにというのは無理な話だ。 「原発ゼロ」 が実現したら安全性は確保される。しかし代替エネルギーを確保しなければ企業が立ち行かず、ひいては国民生活に破綻を来たす。理想と現実は難しい。

東京都には東京都の問題が山積している。大都市ではあるけれど、地方自治体としての問題が山積している。それらすべてに傾注できる人でなければ知事は務まらないなどと偉そうに書いているが、私は評論家でも何でもない。単なる一都民のたわ言と軽く受け流していただきたい。   



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック