ダイオウグソクムシ絶食6年目に突入

ダイオウグソクムシ絶食5年目に突入」について

毎年恒例になったこのニュース。三重県鳥羽水族館で飼育されている深海生物ダイオウグソクムシが絶食6年目に突入した。

2007年9月に入館した 「No.1」 (体長29センチ)。 飼育員の森滝丈也さん (44) がこの日、マグロの血合いやブリの頭など5種類の餌を用意して8匹が飼育されている水槽に入れると、うち1匹がマグロなどを食べたが、No.1はほとんど身動きしないまま。餌やりは1時間余で終わり、絶食が続くことになった

不思議なことに、絶食しているのに体重はふえていると暮れのニュースで伝えられたが (入館時の体重は1,040グラム。09年1月2日に50グラムのアジを食べて以降は、月に1回与えられる餌に見向きもしなくなった。ただ、何も食べていないのに昨年10月の体重は1,165グラム) 昨年末の測定では1,022グラムに減ったようだ。

水の中にいるプランクトンのようなものを摂取しているとしたら、余り頻繁に水をかえないほうがよいのではないかと素人は思う。


◇ダイオウグソクムシ
世界最大のダンゴムシの仲間 (等脚類) で、メキシコ湾などの深海に生息。約4,000種いるとされ、クジラなどの死骸を食べ 「深海の掃除屋」 と呼ばれる。詳しい生態は不明。



えさを食べないでも生きていけるという生態は、水族館で飼育されて初めてわかったことだはないだろうか。日本国外で飼育されているダイオウグソクムシはどうなのだろう。 「No.1」 だけが絶食しているのか、そのあたりも知りたい。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック