ダイオウグソクムシが死んだ

ダイオウグソクムシ絶食6年目に突入」について

鳥羽水族館 (鳥羽市鳥羽) で飼育し絶食記録を更新し続けていた謎の深海生物のダイオウグソクムシNo.1が2月14日、絶食日数5年43日 (1869日)、生存日数6年158日 (2350日) の記録を残して死んだ。

2007年9月9日に入館したNo.1。2009年1月2日に約50グラムのアジ1匹を食べて以来絶食を続け、飼育員の森滝丈也さんを困らせていた。

同館によると、14日は今年2回目のエサやりの日。朝から動きが鈍く担当者は心配していた。夕方5時ごろになって、エサのキビナゴを水槽内にいれたところ、反応する様子がなく動きも見られなかったため、取り上げたところ死んでいることを確認した。

今後、死因などについて調査・研究を行う予定。今後、NO.1は冷凍保存される予定。

最後までエサを食べさせることが出来ず残念です。ネットなどで話題になってダイオウグソクムシという生きものの認知度をあげてくれてありがたいと思っています。NO.1の飼育にかかわることで自分自身もこの生きものについて多くのことを知ることができました。学んだことは次に生かしていきたいです。


初めてこの生物の存在を知ったのは2012年11月10日だ。そのときに4年近くも絶食しているいるのに 「ダイ オオグソ クムシ」 と読んでしまって、食べなくてもたくさん出るのかなんて勘違いをした話を書いた。

漢字で書くと 「大王具足虫」 で、これなら読み違えることはない。……やっぱり片仮名よりも漢字が好きだ  ……などといいわけもしている。
 

これからもずっとまだ絶食中などと楽しませてもらえると思っていたのに、死んでしまったのは寂しい限りだ。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック