カラスを食べる文化

カラスの会議」について

都市部での雑食が目立つカラスが、茨城県の一部地域では食用とされていて、戦後間もない頃から続く食文化を守ろうと、地域の人たちが特産品とできないか、研究を始めている。

茨城県ひたちなか市の自営業男性 (60 )は2月、自宅で知人らにカラス料理を振る舞った。胸肉は刺身に、脚は焼き鳥に調理した。同市の獣医師安(やす)富康さん (43) は 「色々な動物を食べてきたが、軟らかく甘みがある」と話した。

男性は約20年前、地元猟師からカラス料理でもてなされた。狩猟期間の11月中旬~2月中旬、猟師からカラスを分けてもらっている。地元の猟師らによると 「地域で食されてきた」 という。



日本でカラスを食べる文化があるとは知らなかった。中国ではハトを食べるそうで、随分前、歌手のアグネスチャンが日本に来た当時、原宿駅のハトを見て 「ごちそうがいっぱい飛んでいる」 と思ったといっていたのを思い出した。それにしてもカラスの胸肉を刺身にするなんて、最初に試みた人はすごい  

私は魚の刺身が大好物だが、カラスの刺身はちょっとね ……   そういいつつ、クジラの刺身や馬刺しは食べる   

茨城産のカラスはおいしいとか、千葉県産のカラスは脂が乗っているとか、ブランド化されたりして。 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック