母は息子の大事故を知らず 息子は母の死を知らされず

テレビや雑誌で活躍した料理研究家の小林カツ代さんがことし1月23日に多臓器不全のため死去した。76歳。 家族が見守る中で息を引き取ったというが、この場に長男のケンタロウさん (41) はいなかった。 

小林カツ代さんは2005年8月にくも膜下出血で倒れ、約8年5カ月、療養を続けてきた。その母にかわるように、同じく料理研究家のケンタロウさんがテレビに度々出演していた。


ところが、ケンタロウさんは2012年2月に東京都新宿区の首都高速道路をオートバイで走行中、事故を起こし、頭と足を骨折する重傷を負って入院加療中だ。現在も懸命にリハビリを続けている。しかし、病気療養中の母親に息子の大事故のことは知らせなかった。


そして母親の死を家族はケンタロウさんに知らせていないのだそうで、何とも悲しい母子の今生の別れになった。

母親にとっては息子が大事故で生死の境をさまよっていることを知らずに亡くなったことはよかったと思うが、ケンタロウさんがもう少し症状が回復して母親が亡くなったことを知ったら、どんなにつらいことだろう。そして母にも息子にも事実を告げられない家族の決断は重かったに違いない。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 理想的な最期

    Excerpt: 「 母は息子の大事故を知らず 息子は母の死を知らされず」について Weblog: 小野口純子 racked: 2014-06-29 23:04