山手線の中吊り広告消滅

やはり座席は狭くなっていた」について

2015年秋以降、山手線の車内から電車の中吊り広告が消える。導入される新型車両には、窓上に13~20面の液晶画面が配置されるという。

混雑した電車内で運動を兼ねて首を伸ばして中吊り広告を見ている私としては困る。  立っている人の頭が邪魔で見えないときは右に左にと身をよじるようにして、何とか記事の続きを読もうとしてちょうどよいストレッチ運動になった。  週刊紙の見出しだけで世の中の動きがわかるようで、結構楽しめたのに残念だ。

かわりに窓の上にずらずらと並んで画面が次々にかわるというのは、疲れる。  天井からひらひらとつり下げられた広告のほうが情緒があって好きだ。

2000年代に入って雑誌広告が減少し、さらにスマホの普及により車内ではスマホや携帯を見ている人が多くなったのも一因のようだ。それなら、窓の上部に広告を出してもスマホに夢中な人たちは見ないに違いない。

デジタル化によって制作コストや時間を低減できるほか、スペースが決まっている中吊り広告と違い、1カ所に多くのクライアントを入れられ媒体料金も安くなる。さらに、より細かなターゲットに向けて路線ごと、または時間帯や天気によって変えられるなどのメリットもあるというが、修学旅行生や団体客の貸し切り列車ならターゲットが絞れるだろうが、不特定多数が乗る山手線にはねぇ。

山手線は余り乗る機会がないからいいけど  


ニュースと天気予報の配信だけではつまらない。例えばソフトバンクのCMのようにみんなを面白がらせることができたら、商品のターゲット層以外の本来、商品に興味を持っていなかった人もキャッチできるはず。今までとは違う枠組みを作り手側は考えるべきだという考え方もあるようだ。 

しかし、年をとれば嫌というほど暇をもてあますのだろうから、余りおもしろかったら、おりないでぐるぐる何周も乗っちゃうよ   そういう意味では、面白いものをどんどんつくってもらうのもよいかもしれない。 名づけて “年寄りと暇な人の娯楽列車・山手線

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック