ペットは何をされても寛容

罪の意識に駆られるワンコ」について

ペットは飼い主に忠実なのは誰もが知るところだが、その家の幼児には本当に寛容で、我慢強く子守をする。猫は、尻尾を引っ張られようと、上に覆いかぶさられようと、目の中に指を入れられようと、ひたすら子どもの相手をする。どうにもならないとそろりと逃げ出す。飼い主の大事なもの (子ども) ということを理解しているのだろう。よそ者がそんなことをしようものならシャーッと引っかかれたり、犬であれば 「ウー、ワン  」と怒るか、かみつくかするに違いない。   



このワンコも、毛を引っ張られ、思い切り抱きつかれ、口の中に指を入れてもぺろぺろとなめ、深い愛情のまなざしで幼児の相手をしている。本当にけなげな犬だ。  

      
http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/animal_pet/pd94f7b6dbec7df48646b86021690607b
  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック