平成26年 ナガコガネグモ考Ⅱ 出た !! クモマジック

ナガコガネグモ考Ⅰ 平成26年」について

11月3日 
11月に入ってからも細い糸がゆらゆらしているだけだった。1日に遊びに来た孫が 「うちにもクモが来ているよ」 といった。私が邪険にクモの巣ごと庭先に放り出してしまったので (http://akiru-hamu.at.webry.info/201410/article_18.html)息子一家の家に戻ってしまったのかと思った。

11月6日  
隣家のフェンスにかけた糸は、外されても外されても、翌日にはかかっている。ということは、私がいた息子の家に追いかけてきたあのときのクモ http://akiru-hamu.at.webry.info/201111/article_28.html はそのまま居座って   その子孫が私の現在いるところに来たことになる。 ややこしい 

午後、我が家の前の50センチ間隔の草の間に強い糸が上下に2本張られているのを発見した。草では、すぐに枯れてしまうと思いながら植木に水やりをしているほんの5分くらいの間に、その光っていた糸がなくなった。さらに、隣家にかけていた弱々しい糸もないクモマジック (注)が出た  糸を回収したということは、本格的に巣をつくるつもりらしい。  

注 : クモマジック 
注  平成18年に初めてこのクモを観察したときに、数時間で子グモが1匹から2匹になり、さらに翌日には3匹になり、4匹になりと、次々に子グモがふえたときに手品のようだと驚き、私が勝手にクモマジックと命名した。

拙著 「嫌いな虫も時には友だち」 “クモの二世帯住宅観察メモ” の項51ページから59ページ参照 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック